ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 全日本ラリー:台風と大雨の影響で最終戦MSCCラリーは開催中止。新井敏弘のJN1クラスチャンピオン確定

全日本ラリー:台風と大雨の影響で最終戦MSCCラリーは開催中止。新井敏弘のJN1クラスチャンピオン確定

1

2019年10月17日 13:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年の全日本ラリー選手権最終戦として開催予定だった『MSCCラリー in ふくしま2019』が中止されることとなった
2019年の全日本ラリー選手権最終戦として開催予定だった『MSCCラリー in ふくしま2019』が中止されることとなった
 10月31〜11月3日に福島県いわき市を中心に開催される予定だった2019年のJRC全日本ラリー選手権最終戦『MSCCラリー in ふくしま2019』は、台風15号と19号がもたらした大雨の影響で競技に使用予定だった林道などに洗掘などの被害が発生。路面補修の時期に目処が立たないことから開催中止がアナウンスされた。これにより最終戦までもつれ込んでいた最高峰JN1クラスのチャンピオンも確定している。

 2019年の全日本ラリー最終戦となる第10戦に組み込まれていたMSCCラリーはいわき市にある小名浜アクアマリーンパーク内イベント広場を中心に市内や東白川郡鮫川の林道を舞台とするグラベル(未舗装路)イベントとして開催される予定だった。

 しかし、いわき市内のコースとして使用される予定だった林道は9月に日本を襲った台風15号の影響で大規模な洗掘が発生。当初はいわき市とともに路面補修を行った上で競技を行う方針だったが、ここに台風19号とそれに伴う大雨が追い打ちをかける形となった。

 10月12〜13日に日本列島を襲った台風19号と大雨により、すでに洗掘していた路面は被害の範囲が拡大。さらに一部では路肩の崩落も確認されたという。

 さらに、競技に使用する予定だった林道へつながる国道や県道も通行止めとなっているほか、林道の補修が完了する目処も立たないため、イベントを主催するマツダスポーツカークラブ(MSCC)はラリー開催を断念することとなった。

 これにより、最終戦までもつれ込んでいたJN1クラスのチャンピオン争いも決着。第9戦終了時点でランキングトップにつけていた新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が通算4度目の全日本ラリーチャンピオンとなった。

このニュースに関するつぶやき

  • まあ、この大水害なんだからラリーなんてやっている場合じゃないわさ。コースの林道も流されちゃあどうしょうもないだわさ。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定