ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 松雪泰子が掟破りで自分勝手なヒロインに!「失敗学」を武器に事故を解明『ミス・ジコチョー』第1話

松雪泰子が掟破りで自分勝手なヒロインに!「失敗学」を武器に事故を解明『ミス・ジコチョー』第1話

0

2019年10月18日 05:11  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

松雪泰子が主演を務めるドラマ10『ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜』(NHK総合、毎週金曜22:00〜)が、10月18日からスタート。第1話「真奈子、爆発する」が放送される。

本作は、『陸王』『半沢直樹』(共にTBS系)の八津弘幸、そして、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の徳尾浩司がオリジナル脚本で書き上げるミステリー・エンターテインメント。

天才工学者の天ノ真奈子(松雪)が、毎回さまざまな事故を第三者の目で調べる「事故調査委員会(事故調)」に招かれ、秘められた真相に挑む本作。掟破りで自分勝手なヒロインが、草食男子の助手や周囲の人々を振り回しながら、「失敗学」を武器として事故の背景に潜む人間模様や社会のひずみに切り込んでいく。

東京第一大学工学部教授の天ノ真奈子は、「失敗学」という風変わりな学問を提唱しており、その研究も兼ねてさまざまな失敗に興味を持っている。また、工学者としても名高く、事故の調査委員会に招かれることが多い。

今回、とある化学プラントで爆発事故が起こり、真奈子は助手の野津田(堀井新太)とともに事故調査委員として原因解明に乗り出す。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定