ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > フランス大使公邸に木村拓哉

木村拓哉、フランス大使公邸にサプライズ登場 “ビストロシェフ”時代から「24年間修行してる」

28

2019年10月18日 16:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真木村拓哉 (C)モデルプレス
木村拓哉 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2019/10/18】俳優の木村拓哉が18日、都内のフランス大使公邸にて行われた主演を務めるTBS日曜劇場『グランメゾン東京』(よる9時〜)のプレミアム試写会に、共演の鈴木京香、沢村一樹とともにサプライズ登場した。

【さらに写真を見る】木村拓哉&Koki,の2ショット「なんて美しい親子」

同作は、料理に人生をかけ、パリで自分の店を持って二つ星を獲得するも、己の慢心から招いた重大事件によって、店も仲間も失った型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹が主人公。

どん底まで転落した尾花が鈴木演じる女性シェフ・早見倫子と出会い、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

◆木村拓哉・鈴木京香・沢村一樹がサプライズ登場

この日の試写会は、ロケ地となったフランス大使館に、料理学校生たちを招いて開催。キャスト陣のサプライズ登場に、集まった生徒たちは黄色い歓声をあげていた。

大使から“友人”と紹介された木村は大使と握手を交わし、「フランス大使館のキッチンでも撮影させていただいているので、お世話になっている場所。こういう関係が築けて嬉しいです」と挨拶。天才シェフ役ということで、今回劇中の料理をすべて自ら調理している木村。今作では実際の三ツ星レストラン、服部栄養専門学校が料理監修を行っているが、「僕自身はみなさんよりも長い間、服部さんで24年間修行させてもらっている」と「ビストロSMAP」でのシェフ時代からの縁を紹介し、会場を沸かせた。

初回放送に向け、この日TBSを電波ジャック中だったキャスト陣は、イベント会場から中継をつなぎ「ゴゴスマ」に生出演。中継前のスタンバイ中は歓声に手を振って応えるなど笑顔を見せていた。イベントラストには「若い方が夢を追う作品もあったと思う。でもいくつになっても持っていい夢や希望に突き進んでいく大人たちの、もう1回あるかもしれない青春がつまった作品」とアピールし、シェフを目指す生徒たちに「胸を張ってシェフになってほしいと思いますし、絶対に夢を諦めないで。みなさんが夢を掴んだときには、ぜひお邪魔しようと思います。素敵な料理人になってください」とエールを送った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 急速に老け込んでるなぁ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • コネと贔屓で手に入れた地位は嬉しいか?
    • イイネ!13
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(17件)

あなたにおすすめ

ニュース設定