ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 世界一のフラメンコダンサー、SIROCOが住んでいた「危険な自宅」

世界一のフラメンコダンサー、SIROCOが住んでいた「危険な自宅」

1

2019年10月20日 13:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真SIROCO 撮影/佐藤靖彦
SIROCO 撮影/佐藤靖彦

 20歳のときにスペインへ渡り未経験のフラメンコを始め、'17年には国際コンクールで日本人男性として初めて世界一に輝いたSIROCO(シロコ)。

フラメンコに魅了され洞窟を住まいに

「それまではモダンやコンテンポラリーダンスをやっていたのですが、友人にすすめられたドキュメンタリー映画『フラメンコ』を見て衝撃を受けたんです。力強さ、男らしさ、気品……そんな大人の色気に魅了され、一気にその魅力に引き込まれました。フラメンコは歴史ある文化なので、本格的に学ぶには現地に行くしかないなと、スペイン語がまったく話せないまま単身、留学することにしました

 現地ではフラメンコの原型が生まれたといわれる洞窟に住んだことも。

「ゼロから始める僕にはピッタリだなと選んだのですが、水道や電気、トイレもないので不衛生。そのうえ、周りに住んでいるヒッピーが鍵を壊して入ってきては、物を盗んだり。それで身の危険を感じて4か月で洞窟生活は断念しました。でも洞窟では練習も気兼ねなくできたし、世間と断絶することで、戸惑いを抱えた自分を見つめ直すことができましたね。あとはこうしてインタビューなどで話すネタもできましたし(笑)」

 フラメンコと聞くと、日本人にはなじみが薄いものというイメージだが、意外にもフラメンコ人口はスペインに次いで日本は世界2位なんだとか。

「まじめな性格、嘆く歌、こぶしのある歌と弦を弾く三味線のようなフラメンコギター。そして文化に対しての敬意を持てる日本人に、ピッタリだと思います」

 フラメンコ界のカリスマとして活躍し続けるファン・デ・ファンと行う公演『フラメンコ〜私の地 アンダルシア』は、初心者の方にも見てほしいと微笑む。

「いちばん脂の乗ったスペインの貴公子にトップミュージシャンを迎えるので、迫力ある情熱ある舞台になると思います。ぜひ1度生で見て、男の色気を肌で感じていただけたらうれしいです」

舞台『フラメンコ〜私の地 アンダルシア』

出演/SIROCO×JUANDEJUAN
11月9日〜10日、東京国際フォーラムホールC
S席12000円、A席9000円、B席6000円

 

このニュースに関するつぶやき

  • Sirocoはギタリストの沖仁からも影響受けているんだよね。共演してるのを間近で拝見してみたい。
    • イイネ!0
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定