ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 山崎賢人『キングダム』10キロ減の役作りを回顧「キツくても最高」

山崎賢人『キングダム』10キロ減の役作りを回顧「キツくても最高」

0

2019年10月21日 10:10  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真売れっ子の三人が語る『キングダム』の役づくり! (C)原泰久/集英社 (C)2019 映画「キングダム」製作委員会
売れっ子の三人が語る『キングダム』の役づくり! (C)原泰久/集英社 (C)2019 映画「キングダム」製作委員会

 大ヒット映画『キングダム』から主演の山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が役づくりについて語るインタビュー映像が公開に。およそ10キロの減量など、徹底した役づくりを行った山崎は「キツくても最高でしたね」と振り返った。


 2019年上半期実写邦画No.1ヒットを記録した本作は、累計発行部数4,500万部を突破した原泰久のベストセラーコミックの実写化。中国の春秋戦国時代を舞台に大将軍を夢見る少年・信(山崎)と、中華統一をもくろむ若い王・エイ政(吉沢)の運命を描く。


 このたび、ブルーレイ&DVD発売に先がけて、山崎、吉沢、橋本の三人がそれぞれのキャラクターについて語るインタビュー映像が公開された。山崎は、主人公の信を演じるために約10kgもの減量をしたことでも話題となっていたが、「撮影中は炭水化物を抜いて、アクション練習をしていたら、動かす筋肉以外は落ちていって、信の体になっていけたかなと思います」とその身体づくりを回顧。「ずっとお腹が空いてキツかったですけど(笑)。でもそのキツさが信を演じる上でパワーになったので、キツくても最高でしたね」と充実した様子を見せた。


 また、漂とエイ政の二役を演じ分けた吉沢は、こだわりのポイントについて「一番は目ですね。目の強さ、政と漂の別の強さがちゃんと表せたらいいかなと。激を飛ばすシーンは、政は目力と口だけで他の筋肉は動かさないけど、漂は全筋肉を使って叫びまくるみたいな(笑)。顔の筋肉はめちゃくちゃ意識しながら演じていました」と明かした。(編集部・吉田唯)


『キングダム』ブルーレイ&DVDは11月6日発売、同時レンタル開始、デジタル先行配信中

ブルーレイ&DVDセット:プレミアム・エディション【初回生産限定】は7,990円+税(3枚組)、【通常版】は4,743円+税(2枚組)

発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


【関連情報】
山崎賢人たちが役づくりを語る!『キングダム』インタビュー映像
『キングダム』続編があったら…?山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈がアツく語る!
山崎賢人、華麗な殺陣を披露!『キングダム』吉沢亮と共演シーンの舞台裏

    ニュース設定