ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 槇原敬之、7年ぶり『SONGS』で一夜限定カバーライブ 「若者のすべて」など3曲熱唱

槇原敬之、7年ぶり『SONGS』で一夜限定カバーライブ 「若者のすべて」など3曲熱唱

0

2019年10月21日 13:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真大泉洋が責任者を務める『SONGS』でカバーライブを行う槇原敬之(C)NHK
大泉洋が責任者を務める『SONGS』でカバーライブを行う槇原敬之(C)NHK
 シンガー・ソングライターの槇原敬之が、11月2日放送のNHK総合『SONGS』(毎週土曜 後11:00)に7年ぶりに出演し、一夜限りのカバーライブを実施することが明らかになった。

【番組写真】ユーミン、フジファブ、エルトンの名曲を熱唱する槇原敬之

 槇原は1990年10月25日、シングル「NG」/アルバム『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビューし、30周年イヤーに突入する。日本を代表するシンガー・ソングライターでありながら、他アーティストの楽曲のカバーにも積極的に取り組み、これまで3作リリースしたカバーアルバムシリーズのベスト盤『The Best of Listen To The Music』を今月23日に発売する。

 番組ではスタジオに観客を集め、一夜限定のカバーライブを実施。槇原をつらい経験から救った松任谷由実の「Hello, my friend」、初めて聴いたときに雷に打たれたような衝撃を受けたというフジファブリック「若者のすべて」、そして曲作りの核心をついたエルトン・ジョン「Your Song」の3曲を歌い上げる。

 槇原の大ファンという番組責任者の大泉洋がライブMCとなり、カバーする理由や楽曲の魅力をとことん掘り下げる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定