ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > V6 坂本×嵐 大野、KAT-TUN 亀梨×JUMP 山田……近しいキャラのジャニーズメンバー

V6 坂本×嵐 大野、KAT-TUN 亀梨×JUMP 山田……近しいキャラのジャニーズメンバー

5

2019年10月22日 06:12  リアルサウンド

  • 限定公開( 5 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真V6
V6

 デビュー組もジュニアも精力的な活躍を見せているジャニーズメンバーたち。キャラクターも十人十色で多彩な魅力を発揮しているが、そんなジャニーズの中でもどことなく似ていると感じるメンバーがいる。愛されキャラのリーダー、関西出身最年少メンバーの末っ子感、仕事へのストイックさを見せるグループのセンター……今回はそのキャラクター性が「どことなく似ているジャニーズ」について挙げてみたい。


(関連:嵐とSexy Zone 佐藤勝利、King & Prince 盒恭た佑隆愀言ーーグループに継承される“王道路線”


■V6 坂本昌行×嵐 大野智


 V6・坂本昌行と嵐・大野智は、ともにグループの最年長でリーダーを務めている。2人ともジャニーズ内でも高い歌唱力を持ち、パフォーマンスの面でグループを牽引していると同時に、坂本は保護者的ポジションで、大野は高いダンススキルを活かした振付の面でもリーダーシップを発揮。そんな彼らに共通するのは他のメンバーや番組スタッフなどの仲間たちから愛あるイジりをされているところだろう。たとえば坂本は、47thシングル『Can’t Get Enough/ハナヒラケ』(2017年3月)の特典映像「メンバーの不満を解消できるのか!? スペシャル」内で、料理を考えている最中に「Masa’s Kitchen、始まる」(三宅)、「早くしろよ!」(森田)、「巻きだよ!」(井ノ原)と怒涛のヤジを受ける。しまいには、料理を作るのに10〜15分かかってしまった坂本は、スタッフからも「ちょっと料理の間別の事やるんで端の方で……」とぞんざいな扱いをされてしまっていた。一方大野は、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)のコーナー「大野智の作ってみよう」でSexy Zone・中島健人をゲストに招きジャンボ餃子作りにチャレンジした時のことだ。餃子の皮を作る際、大量の片栗粉を投入して混ぜ合わせていくのだが、「毎回思うよ、ひとつにまとまんのかなって」と語る大野を「そう彼は嵐のリーダー、まとめる力が半端ではない」とナレーションがイジる一幕が。さらに、中島から投げキッスのやり方をレクチャーされ、実践する大野を見てカメラマンが爆笑してしまっていた。最年長でリーダーそして、メンバーやスタッフから愛されるているがゆえのイジられキャラという共通点を持つ坂本と大野。いつまでもその愛されキャラでいてほしい。


■関ジャニ∞ 大倉忠義×ジャニーズWEST 小瀧望


 関西出身の関ジャニ∞、ジャニーズWESTの最年少メンバーである大倉忠義と小瀧望。メンバー内で一番の長身でスタイルがいいというところも共通点だが、さらに似ているのはメンバーと話をする時に溢れる末っ子感だ。ライブツアー『関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015』のMCの際、ライブをしている時間以外はチーズとワインを食し、ゲームをしていると話していた大倉。同じゲームをしている横山裕が後輩をご飯に連れて行くため「待っといて」と大倉に伝えたところ、「また待たされたんですよ! 俺も連れて行ったらええのに」と拗ねてしまったそう。しかし、横山が大倉のためにお土産で買ってきた大量のチーズを見て「うわー、チーズや! いっぱいあるー!」とご満悦だったとのことだ。最近はドラマにも引っ張りダコな小瀧も、メンバーに囲まれるとその自由奔放さが発揮される。特にそのことが顕著に表れるラジオでは、メンバーの桐山照史に舌打ちをしたり、メンバーに毒舌でツッコミを入れたり、仕切りをやる直前で「えぇー、(仕切り)しんどい」と発言したり……。そんな自由奔放で末っ子感を爆発させる2人に対し、周りがうまくツッコミを入れることでキャラクター性がより引き出されているように感じる。いくつになっても、グループのムードメーカーポジションを担っていってほしい。


■KAT-TUN 亀梨和也×Hey! Say! JUMP 山田涼介


 グループの絶対的センター兼エースとして君臨するKAT-TUN・亀梨和也とHey! Say! JUMP・山田涼介の共通点は、ストイックに努力を続けてセンターに立っていること。亀梨は自身のことを「ストイックではない」と言うことも多いが、仕事に対する姿勢はストイックそのものだ。たとえば、昨年放送された『30年ありがとっ NACK5祭りだワッショイ!』(NACK5)でのこと。「お芝居の時は役によって自分の生活スタイルも変える。東野圭吾さんの『手紙』(2018年12月〜放送)という作品に参加させていただいた時は、潤いはほしくないな、と。いつもはシャンプーをした後にトリートメントなんかつけたりするんですけど、その時期はシャンプーだけにしていた」と語り、普段の生活から役を意識する役作り方法を明かしていた。また、山田のストイックぶりも有名だ。ドラマ『セミオトコ』(2019年7月〜放送)の撮影時は役作りのために節制。Kis-My-Ft2の冠番組『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)に出演した時も、「明日も朝からドラマの撮影。このままだとむくむのでちょっと運動して半身浴してから寝る」と語っていた。そのストイックさはメンバーからもお墨付きで、『AERA dot.』のインタビューでは、メンバーの有岡大貴、薮宏太、八乙女光から「山田はストイック」という言葉が出ていた。輝き続ける裏に隠された並々ならぬ努力で演技やパフォーマンスに取り組む2人の姿勢は、どことなく共通点を感じるものがある。(高橋梓)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定