ホーム > mixiニュース > 社会 > あす午前小笠原最接近=台風21号、暴風大雨警戒−気象庁

あす午前小笠原最接近=台風21号、暴風大雨警戒−気象庁

25

2019年10月23日 09:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 非常に強い台風21号は23日午前、小笠原諸島の近海を北上した。24日午前に同諸島に最接近するとみられ、気象庁は暴風や高波、大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 21号は25日には関東から南東に離れた海上を北上し、26日未明には東北の東方海上で温帯低気圧に変わる見込み。

 21号は23日午前9時、小笠原近海を時速25キロで北北西へ進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル、最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートル。半径130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径330キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

このニュースに関するつぶやき

  • 子ども食堂が3年で12倍増えて3700以上になってるのに、これを差し置いて途上国に9000億円支援するとか頭おかしいよ。まして今回の台風で大変な被害なんだから!日本は既に支援してもらう立場なんだよ。それでもキックバックが美味しいから外国におカネを送るんだろうね(省RT)
    • イイネ!8
    • コメント 1件
  • またキツいのが行くんだね。当該地域の方々はくれぐれもご用心を。
    • イイネ!10
    • コメント 17件

つぶやき一覧へ(13件)

あなたにおすすめ

ニュース設定