ホーム > mixiニュース > トレンド > 新型「フィット」を世界初公開

ホンダ、東京モーターショーで新型フィットを世界初公開。世界選手権参戦60周年記念展示では歴代F1・MotoGPマシンが並ぶ

97

2019年10月23日 12:51  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真世界初公開されたホンダ新型フィット
世界初公開されたホンダ新型フィット
 ホンダは10月23日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した『第46回東京モーターショー』のブースでプレスカンファレンスを開き、新型FIT(フィット)やBENLY e:(ベンリィ・イー)、GYRO e:(ジャイロ・イー)などを世界初公開した。

 四輪の展示モデルとしては、フルモデルチェンジした4代目フィットがお披露目された。4代目フィットには最新の安全運転支援システムHonda SENSING(ホンダ センシング)やエネルギーマネジメントを含めた高効率電動化技術、Honda e:TECHNOLOGY(ホンダ・イー・テクノロジー)、車載通信モジュールHonda CONNECT(ホンダ コネクト)を搭載する。

 また、4代目フィットはライフスタイル・ライフステージに合わせて選択できるBASIC(ベーシック)、HOME(ホーム)、NESS(ネス)、CROSSTAR(クロスター)、LUXE(リュクス)の5つのデザインが用意される。

 ハイブリッドモデルには、高い環境性能と心地よい走りの両立を目指して新たに開発された2モーターハイブリッドシステムがホンダのコンパクトカーとして初めて搭載される。この2モーターハイブリットシステムは、e:HEV(イー・エイチイーブイ)の名称で、今後発売していくホンダ車両に順次、訴求し展開していくという。

 新型フィットの発売は、2020年2月予定となっている。そのほか、上級ハイブリッドセダンの新型ACCORD(アコード)やフランクフルトモーターショーで公開され、2020年に発売が予定されているHonda eも展示された。

 二輪では、ビジネス用電動コミューター、ベンリィ・イーとビジネス用電動三輪スクーター、ジャイロ・イーを世界初公開。ジャパンプレミアとして、CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission(アフリカツイン・デュアルクラッチ・トランスミッション)、CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission(アフリカツイン・アドベンチャー・スポーツ・イーエス・デュアルクラッチ トランスミッション)、ADV150が公開された。

 そのほか、1959年に日本の二輪車メーカーとして初めてマン島T.T.レースに出場してから60周年を記念した展示や、CBシリーズ発売60周年記念展示などが展開されている。

 発表会で、ホンダの八郷隆弘代表取締役社長は「ホンダは、創業以来、世の中の人々の役に立ちたいという想いで、二輪車、四輪車、パワープロダクツ、ビジネスジェットといった幅広い商品を通じて、移動と生活に新たな価値を提供することに取り組み続けています。さらに2030年ビジョンとして『すべての人に、“生活の可能性が拡がる喜び”を提供する』ことを掲げ、事業を進めています」とコメントした。

このニュースに関するつぶやき

  • アホンダラが買いまくり3年後の初車検時にタイヤハウス周りが錆びてたり黄ばんで傷みが出てたりは定番。オマケにリコール連発でアフターメンテも最悪の売れば売りっぱなしが今の四輪部門。それでもバカとアホは買うから不思議だねwww嘘だと思うなら調べてみな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • やっぱり初代の完成度には敵わない。
    • イイネ!19
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(67件)

あなたにおすすめ

ニュース設定