ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > アジカン・後藤正文も参加! the chef cooks me、約6年ぶりとなるアルバム『Feeling』

アジカン・後藤正文も参加! the chef cooks me、約6年ぶりとなるアルバム『Feeling』

0

2019年10月23日 17:30  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVE がプッシュしている楽曲20曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。10月14日(月・祝)のオンエアでは、the chef cooks meの『Now's the time (New Feeling)』をピックアップ!


■後藤正文も参加! アジカンのカバー曲も収録

ASIAN KUNG-FU GENERATION、後藤正文のソロ「Gotch」、チャットモンチーなどのサポートメンバーとしても活躍するシモリョーこと下村亮介が、2003年に結成したバンド「the chef cooks me」。10月2日に約6年ぶりとなるニューアルバム『Feeling』をリリースした。このタイミングでのリリースになった経緯とは?

下村:普通に考えると6年間というのは長いように感じますが、僕としては全くそんなことはなく、あっという間に過ぎた6年の間にできた大事なアルバムだと思っています。この6年間は非常に色々なストーリーがありまして......もともと16年前は5人組バンドだったんですけど、数々のメンバーの脱退・加入を経て、このアルバムを作り始めたときは二人になりました。制作途中で仕事が忙しくなったメンバーに「このアルバムは託した」と言われ、最後は僕一人になり、このアルバムを作り上げました。

下村はアルバム『Feeling』について、「この6年間に出会ったたくさんの素晴らしいミュージシャンに参加してもらった」と話す。アルバム最後の収録曲、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『踵で愛を打ち鳴らせ』カバーでは、意外な人物も参加しているという。

下村:アルバム『Feeling』の最後の曲を飾ってくれているのが、『踵で愛を打ちならせ』というASIAN KUNG-FU GENERATIONのカバー曲なんですが、ご本人の後藤正文ことGotchさんに一部歌唱で参加してもらっています。他にもYeYeさん、世武裕子さん、さらにn3q? (ナゾサードクエスチョン)のラッパー・TENくんには、歌詞を足してラップもしてもらいました。Gotchさんは、原曲よりも1オクターブ下で歌ってもらっていますが、さすがGotchさん、素晴らしい声で僕らのアレンジのバージョンに合わせて歌唱してくれています。


■自分と向き合って内省して生まれた曲

SONAR TRAXに選ばれた『Now's the time(New Feeling)』は、どんな楽曲に仕上がっているのだろうか。

下村:そもそもこのアルバムは、「the chef cooks me」をダラダラ続けるのも悩ましく思っていて、終わらせるつもりで制作したアルバムでした。でも、この『Now's the time(New Feeling)』は、しっかり自分と向き合って内省して生まれた曲です。やめるつもりでいたけど、それでもまた続けたいと思わせてくれる大切なブレイクスルーになりました。いろんな人に聴いてもらっても、どんな人にも同じく感じ取ってもらえるような曲になったと思うので、ぜひリリックを追いながら、皆さんの感性で自分の曲にしてもらえればと思います。


動画を別画面で再生する

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定