ホーム > mixiニュース > 社会 > 台風21号、小笠原諸島最接近=暴風高波に警戒−気象庁

台風21号、小笠原諸島最接近=暴風高波に警戒−気象庁

17

2019年10月24日 09:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 非常に強い台風21号は24日午前、小笠原諸島に最接近した。気象庁は同諸島で記録的な暴風や高波、大雨の恐れがあるとして、土砂災害などに厳重な警戒を呼び掛けた。

 21号は北北東に進み、26日未明に日本の東海上で温帯低気圧に変わる見込み。東北と関東の太平洋側では25日にかけて高波が予想される。

 小笠原諸島・父島では24日午前9時20分、最大瞬間風速52.7メートルを観測した。

 21号は24日午前11時、父島の北西約30キロを時速20キロで北に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。半径110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

 25日にかけて予想される最大瞬間風速は小笠原諸島65メートル、波の高さは同諸島10メートル、関東と東北の太平洋側5メートル。 

このニュースに関するつぶやき

  • ニュース記事への関心低いねwww ま、小笠原の僻地の人なんか どーなっても知ったこっちゃないか。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 皆さんご用心!天気予報・台風情報に注意致しましょう!日本中の河川で「川道に土砂が堆積ー中州に表れ」しています。台風19号水災は「安倍悪政七年水害」と言っていい「堤防の効果−半減」しています。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定