ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 3歳からはお世話だけでなく子どもを自立させる育児をしよう

3歳からはお世話だけでなく子どもを自立させる育児をしよう

2

2019年11月01日 17:00  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
先回りできる能力は社会で重宝される!でも育児ではセーブする必要あり
人の気持ちをすぐに察知したり、状況を素早く判断して「この人は今何を求めているか?」を考えて行動する能力の高い女性がいます。そんな人は周囲に深く信頼され仕事場では大活躍、プライベートでは友だちが多いはずです。このタイプの人がお母さんになったら、とても優しくて素敵なお母さんになることでしょう。でも子育てにおいてはこの能力を使いすぎないようにちょっとコントロールする必要があります。


先読みしすぎるお母さんの子どもは“何もしない子”に育ってしまうかも
Yさんは10年間会社員として働いてきました。いつも周囲が求めることを察して行動し、厚い信頼を得ていました。そんなYさんはお母さんになってからも大活躍です。3歳のSちゃんの喉が渇くころだと予想すれば「お茶飲んでね」と先に用意します。ほかにもSちゃんが困らないよう、いろいろとお世話をしてきました。ところが入園説明会に行った時のことです。周りの子は自分で靴を脱いで下駄箱に入れているのに、Sちゃんは当たり前のようにお母さんにしてもらうのを待っている姿を見てショックを受けたのです。


「やりたい」「自分で」と言い出したら、子どもを自立に導くチャンス
赤ちゃんから2歳くらいまでは子育てのほとんどは“子どものお世話をすること”です。おっぱいをあげる、おむつを替えるなど子ども自身はできないので大人がしてあげる必要があります。しかし子育てのゴールは子どもを自立に導くことです。3歳頃からは自立させることを頭において子育てをする必要があります。子どもは3歳くらいになると「やりたい」「自分で」と言うようになります。この時が子どもを自立に導くチャンスです。


3歳を過ぎたらお世話だけでなく、やりたいことをやらせて見守ってあげよう
「やりたい」と言ったことを「いいよ」とやらせると子どもは自立に向かいます。またできることもどんどん増えてきます。逆に「やりたい」と言う前にお母さんが何でもしてあげていたり、「まだ小さいから」「お母さんがやった方が早いから」と断られてばかりいると、自立心が上手く育たず依存傾向のある人になってしまう恐れもあります。3歳を過ぎたらお世話をするだけの育児から、やりたいことをやらせて自立に向かわせる “見守り育児”に変更することが子どもの人生を豊かにするでしょう。


今日の1日1成長
お母さんが先読みせず子どもが「やりたい」と言うのを待ってみよう子どもの自立力も1成長、お母さんの見守り力も1成長。田中京子(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

このニュースに関するつぶやき

  • うちも3歳半いるけど好きな食べ物だと箸とスプーンで綺麗に食べ、どこか行きたいと自分で服を脱ぎ着し靴を履き家の鍵まで開ける。何でも自分で出来るのに興味ないと何もしない。ムラがすんごい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定