ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > クビアト、タイム抹消で予選13番手に「マシンの感触がよくなったことが重要。決勝で挽回する」トロロッソ・ホンダF1

クビアト、タイム抹消で予選13番手に「マシンの感触がよくなったことが重要。決勝で挽回する」トロロッソ・ホンダF1

1

2019年11月03日 15:01  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第19戦アメリカGP ガレージでギターを弾くダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第19戦アメリカGP ガレージでギターを弾くダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
 2019年F1アメリカGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは13番手だった。Q1では1分34秒138で14番手、Q2では1分33秒989を記録した。 

 クビアトはQ2最後のラップタイム(1分33秒785)で11番手となったが、ターン19でトラックリミットを超えたことでこのタイムは取り消され、ポジションを落とす結果になった。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ダニール・クビアト 予選=13番手
 今回は週末を通してマシンにてこずっていたが、予選Q2で感触がよくなり、マシンを改善するために何が必要なのかが見えてきた。

 Q2でのラップには満足している。難しい週末を過ごしてきたけれど、うまく挽回できたと思う。それが決勝で速さを発揮するための自信につながるだろう。週末のなかで一番重要なのは決勝だ。

 最後のラップでほんの少しだけコースオフしたことで、そのラップタイムが抹消されることになったのは残念だ。でも規則は規則だから仕方ない。

 明日は13番グリッドからベストを尽くして戦うよ。いいレースができるはずだ。今年は土曜より日曜の方が好調だから、明日もマシンからうまく速さを引き出したい。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定