ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ヒュンダイ、改良パーツ投じたi20 R5を2020年から展開。競争激化するR5市場に対応

ヒュンダイ、改良パーツ投じたi20 R5を2020年から展開。競争激化するR5市場に対応

0

2019年11月11日 19:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年からデリバリーが開始されるヒュンダイi20 R5 '20
2020年からデリバリーが開始されるヒュンダイi20 R5 '20
 ヒュンダイ・モータースポーツはカスタマー向けラリーカーとして展開している『ヒュンダイi20 R5』にアップデートパーツを投入。『ヒュンダイi20 R5 '20』として、2020年シーズン開幕までにホモロゲーションを取得し、販売する計画を明らかにした。

 ヒュンダイが販売しているi20 R5はERCヨーロッパ・ラリー選手権を始め、数多くのラリー選手権を戦い、シリーズチャンピオンも輩出するなど、カスタマーから支持を集めているモデル。

 2020年シーズンに向けて、ヒュンダイはさらなる戦闘力向上をにらみ、ダンパーやエンジンにアップデートを施し、i20 R5 '20として販売する。

 マシンのシャシーに導入される新型ダンパーはターマック(舗装路)、グラベル(未舗装路)の両コンディション向けのもので、これによりマシンバランスとハンドリングが改善するという。

 また、合わせてアップデートされたステアリングシステムと組み合わさることで、レスポンスも向上。「より自信を持ってドライビングできる」ようになるとしている。

 搭載する1.6リッターのターボエンジンには新型ピストンなどが導入され、最大出力が290馬力までアップ。トルクの改善も確認されたとのこと。またボディ周りでは、ドアミラーや、室内のエアフロー改善を狙ったルーフトップダクト、クーリングダクトの形状が変更される。

 この新型パーツは、すでにあらゆる路面で走行テストを重ねており、今後も2020年のホモロゲーション取得までに、改良を続けていくという。

 ヒュンダイは2020年からデリバリーするi20 R5に、この新型パーツを組み込むとしているほか、既存カスタマー向けにもキットとして展開することをアナウンスしている。

 ヒュンダイ・モータースポーツ、カスタマーレーシング部門のアンドリュー・ジョンは「R5市場の競争は激化の一途をたどっており、世界中にいる我々のカスタマーが戦闘力を維持できるよう、パッケージの開発を継続する必要がある」とコメントしている。

「ヒュンダイi20 R5 '20は、2016年のデビュー以来、もっとも大きなアップデートと言える。テストではパフォーマンスの改善を確認できているし、ドライバーからもハンドリングとマシンバランスについて、ポジティブなフィードバックを得ている」

「ホモロゲーション取得に向けて、仕様確定の作業を継続していくが、このアップデートによりi20 R5 '20のカスタマーはより強力な存在になることは間違いない」

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定