ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 今泉佑唯演じる漫画家・森秋の本性が明らかに『ミリオンジョー』第6話

今泉佑唯演じる漫画家・森秋の本性が明らかに『ミリオンジョー』第6話

1

2019年11月12日 06:11  テレビドガッチ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

Kis-My-Ft2の北山宏光が主演するドラマパラビ『ミリオンジョー』(テレビ東京系、毎週水曜25:35〜)の第6話が、11月14日に放送される。

原作・十口了至、漫画・市丸いろはによる、2013年にモーニング(講談社)で連載した“主”なき漫画が走り出す禁断のコミックサスペンス。三浦誠己演じる人気漫画家・真加田恒夫が締め切り間際に突然亡くなり、国民的大ヒット漫画「ミリオンジョー」の漫画連載がピンチに。やる気ナシの二流のマンガ編集者・呉井聡市(北山)のもと、長年、真加田の元で実直にマンガと向き合ってきたチーフアシスタント・寺師良太役の萩原聖人らと、“成りすまし”連載が始動する。

果たして「ミリオンジョー」の熱狂的ファンや一流編集者たちの目を欺くことはできるのか⁉

<第6話あらすじ>
“成りすまし”連載のピンチをその場しのぎで乗り越える編集者・呉井(北山)と寺師(萩原)。一方、真加田として表に立つ佐藤宏治(永野)は、先日真加田の熱烈なファンで漫画家・森秋麻衣(今泉佑唯)に声をかけられ、二人きりで会ったことを、呉井たちに言えずにいた。

さらに、徐々に人気が低迷してきた“成りすまし”「ミリオンジョー」にネット掲示板では、怪しむコメントが増えてきた……。そんな中、真加田の電話に「ミリオンジョー」の前担当編集者から連絡が。追い詰められた呉井達は、“成りすまし連載”の新たな計画始動! そんな中、森秋の本性が明らかに!

    あなたにおすすめ

    ニュース設定