ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > WANDS、新ボーカルで再始動

2000年解散のWANDS、新ボーカルで再始動

749

2019年11月13日 06:06  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
「もっと強く抱きしめたなら」「時の扉」「世界が終るまでは…」などのヒット曲で知られるロックバンド・WANDSが、新たなボーカリストを迎え、再始動することがわかった。11月17日にライブ生配信、さらに2020年1月29日にニューシングル「真っ赤なLip」を発売する。

その他の大きな画像はこちら



1991年のデビューから2000年3月の解体(解散)までに、16枚のシングル(コラボ含む)と5枚のオリジナルアルバムをリリースし、うち5枚のミリオンシングル(※1枚は2ミリオン)、3枚のミリオンアルバム(※1枚は2ミリオン)を放ったWANDS。海外では珍しくないが、メンバーチェンジによって、第1期(1991〜1992・Vo.上杉昇、Gt.柴崎浩、Key.大島こうすけ)、第2期(1992〜1996・Vo.上杉昇、Gt.柴崎浩、Key.木村真也)、第3期(1997〜2000・Vo.和久二郎、Gt.杉元一生、Key.木村真也)として活動してきた稀有なバンドだ。

2000年の解体後も、ファンのみならず、かつてWANDSを聴いていたスタッフやメディア関係者から再結成を望む声は絶えず上がっていたが、デビュー25周年の2016年以降、そして2018年に歌手でタレントのDAIGO(BREAKERZ)が「もっと強く抱きしめたなら」をカバーをするとさらにその声は大きくなり、DAIGOのカバーアルバム制作に携わったプロデューサー・長戸大幸にも届いていた。

そこから長戸はWANDS再構築に着手。同時期、現在もビーイングに所属する大島こうすけ、そして大島と折に触れて音楽活動を行ってきた柴崎浩もWANDSの再始動について考えていることを知った長戸は、かねてよりボーカリストとして高く評価していた上原大史を彼らに引き合わせる。上原の制御しきれない感情を解放するかのような声、多彩な表現力、そして圧倒的な歌唱力は、WANDSサウンドを構築するに相応しいと一同の思いは合致し、楽曲の制作を開始(第4期)。その後、大島は楽曲提供など制作に専念するため木村真也が合流し、第5期WANDSとしての活動が始まった。


☆メンバーコメント

◎上原大史
WANDSは子供の頃から大好きで、ずっと憧れの存在としてリスペクトしていました。
そのWANDSにまさか自分がボーカルとして加入する事となり、柴崎さん、木村さんと一緒に音楽制作をしてステージに立つとは思いもしませんでした。自分に務まるか不安はありますが、やるからには覚悟決めてやらせて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

◎柴崎浩
続きをやってみたくなった。

◎木村真也
皆さんと出会える機会を3人で作っていきたいと思います。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20191157101.html


このニュースに関するつぶやき

  • 本当に…ボーカルが上杉さんだったら…戻るわけないか。それにこれから売り出すならば太った汚らしいおじさんよりハンサムな若者たてた方が受けはいいのかな…。悲しい。アルニコ以降の上杉さんは清潔感なくて残念なのよね。ただ声はピカイチ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • バンドはね、ボーカルが変わったらもはや別物なのよ!看板だけにしがみつくみたいな真似はやめて、実力があるとおもうなら、別名で勝負しなよ!
    • イイネ!339
    • コメント 12件

つぶやき一覧へ(348件)

あなたにおすすめ

ニュース設定