ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 「ホンダF1にとって思い出の地ブラジルで、良いレースをしたい」田辺TDが意気込み

「ホンダF1にとって思い出の地ブラジルで、良いレースをしたい」田辺TDが意気込み

0

2019年11月13日 18:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1アメリカGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1アメリカGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 2019年F1第20戦ブラジルGPに向け、ホンダF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、ホンダF1にとってインテルラゴスは良い思い出のある場所であり、今年好結果を出すために準備を整えていくと語った。

 ホンダはF1チームとしても、エンジンサプライヤーとしても、ブラジルGPでは何度か表彰台を獲得している。田辺テクニカルディレクターにとって最も印象深いのは、1991年にマクラーレン・ホンダのアイルトン・セナが母国GP初優勝を果たしたレースだという。

 インテルラゴスは標高約800メートルの場所にあり、メキシコほどではないが、平地に比べるとパワーユニットに厳しいサーキットだ。また、急に天候が変化することもあり、あらゆるコンディションを想定して準備を進める必要がある。

「2019年シーズンも残り2戦となりました。次は南米大陸のブラジルに向かいます」と田辺テクニカルディレクターは語っている。

「レースが開催されるインテルラゴス・サーキットは、長い歴史を持つトラックで、毎年エキサイティングなレースが展開されます。カレンダーの中では3番目に全長が短く、標高は800mです。メキシコの2300mと比較すると低く、PU(パワーユニット/エンジン)や車体に与える影響も小さいですが、これも一つの特徴となります」

「ここまでのレース同様にエネルギーマネジメントやドライバビリティの設定をプラクティスでの走行結果や過去のデータを参考に進め、予選、本戦に臨みたいと思います」

「このサーキットでは、第2期のアイルトン・セナ選手との勝利など、ホンダF1としてもいい思い出がある地です。今年もまたそのような歴史の続きを紡ぐべく、チームとともにいいレースをできればと思っています」

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定