ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ホルヘ・ロレンソ、2年契約を途中解除し2019年限りで引退。MotoGPでは3度チャンピオンを経験

ホルヘ・ロレンソ、2年契約を途中解除し2019年限りで引退。MotoGPでは3度チャンピオンを経験

14

2019年11月14日 23:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真ホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ・チーム)
ホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ・チーム)
 MotoGPクラスに参戦しているホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ・チーム)は11月14日、第19戦バレンシアGPの開催地リカルド・トルモ・サーキットで記者会見を開き、今シーズン限りでMotoGPから現役引退することを発表した。

 記者会見は、14日の現地時間の15時00分(日本時間23時00分)に行われ、ドルナスポーツの最高経営責任者であるカルメロ・エスペレータも同席した。

 多くのライダーも出席した会見にロレンソとエスペレータが登場し、2019年シーズンからレプソル・ホンダ・チームと2年契約を結んでいたが、契約を途中で解除し、今週末に行われるバレンシアGPをもってロードレースから現役引退することを発表した。

 2002年にロードレース世界選手権125ccクラスでデビューを果たしたロレンソは、同クラスで4勝を挙げる。2005年に250ccクラスにステップアップし、2006年に8勝、2007年には9勝と2年連続タイトルを獲得すると、2008年に最高峰のMotoGPクラスに昇格した。

 MotoGPクラスでは、フィアット・ヤマハ・チームから参戦した2010年に9勝、2012年はヤマハ・ファクトリー・レーシングで6勝、2015年はモビスター・ヤマハ・MotoGPで7勝を獲得し、ヤマハで3度チャンピオンに輝いた。

 その後、2017年から2シーズンをドゥカティ・チームで過ごし3勝を挙げ、2019年シーズンはレプソル・ホンダ・チームから参戦していた。

 ロレンソは、ロードレース世界選手権に参戦してきたこれまでの18年間で、通算69度のポールポジションを獲得。表彰台は152度上り、そのうち68度の勝利を収めている。王者は250ccで2度、MotoGPで3度の計5度の経験をしている。

このニュースに関するつぶやき

  • まずはお疲れさまです。HRCのマシンはサテライトも含めてホンダ車育ちでないと乗りこなせないので間違った選択でした。まぁドゥカティの決定が大きなミスだけどさ。
    • イイネ!0
    • コメント 3件
  • うーん、ついにこの時が来てしまったか。今年の結果を見ると仕方ないのかも知れないが残念である。長い間お疲れさまでした。
    • イイネ!6
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ニュース設定