ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > GENERATIONS、『紅白歌合戦』初出場に「お揃いのTシャツ」で願掛け

GENERATIONS、『紅白歌合戦』初出場に「お揃いのTシャツ」で願掛け

0

2019年11月15日 02:51  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(『第70回NHK紅白歌合戦』出場歌手発表会見にて撮影)
(『第70回NHK紅白歌合戦』出場歌手発表会見にて撮影)

14日、『第70回NHK紅白歌合戦』の出場歌手発表会見が開かれ、初出場となる8組のうち6組が登場。初めての紅白への思いや、意気込みを語った。

■お揃いのTシャツで

会見に登場したのはKis-My-Ft2、GENERATIONS、Official髭男dism、Foorin、LiSA、日向坂46の6組(King Gnuと菅田将暉はスケジュールの都合で欠席)。

念願の初出場となったGENERATIONS・白濱亜嵐は、「僕と(関口)メンディーくんは、EXILEも所属しており、大晦日はカウントダウンライブがあって。でもGENERATIONSで紅白を狙っていきたいのでライブを辞退させてもらい、GENERATIONS7人として紅白の可能性にかけました」とキッパリ。

7人お揃いのTシャツは、「出場が決まる前から、(佐野)玲於が『紅白出場が決まったら、みんなで着よう』って作ってくれて。着ることができて幸せに感じています」と思いのこもった1枚だと明かす。

関連記事:『第70回紅白歌合戦』初出場キスマイ 「本当は見てもらいたかった」

■最高のパフォーマンスを!

米津玄師が作詞・作曲・プロデュースした「パプリカ」が大人気の小・中学生ユニットFoolinは、英語版を歌う『Foorin team E』の始動も発表。

「初出場させていただけるということでとっても嬉しいです。日本の皆さんに元気を届けられるように、team Eのみんなと最高のパフォーマンスをできるように頑張りたいです!」と元気一杯に意気込みを語る。

■大きな目標だった

そしてサブスクリプションサービスで大人気のOfficial髭男dismは、「(島根から)東京に出てきて4年。上京する時の大きな目標として決めた紅白に出られるのは嬉しい気持ちでいっぱい」と喜ぶ。

「今まで応援してくださった皆さん、見てくださる皆さんにいい音楽をしっかり届けられるよう、4人で力を合わせて一生懸命パフォーマンスさせていただこうと思います」と力強く語った。

■欠席2組もコメント

会見には欠席となったKing Gnuと菅田将暉もコメントを寄せた。

King Gnuは「自分たちがこの大舞台に立てる日が来るとは思っていなかったのでとても驚いています。ここまで支えてくれた友人、家族、ファンの皆さんの期待に応えられるよう、自分たちのパフォーマンスを精一杯届けたいと思います」

菅田は「今年は全国ツアーをさせていただくなど、改めて音楽を届ける楽しさを感じた1年でした。大晦日には全国そして世界中に歌を聴いてもらえるということで、精一杯自分なりにやっていきたいなと思います」とそれぞれ紅白への思いを伝えた。

・合わせて読みたい→aiko『紅白』出場決定に動揺 直後の行動に「泣ける」「グッとくる」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

    あなたにおすすめ

    ニュース設定