ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ビヨンセ、リゾ…女性の持つ力強さを表現した“ガールズパワーソング”を紹介!

ビヨンセ、リゾ…女性の持つ力強さを表現した“ガールズパワーソング”を紹介!

0

2019年11月15日 20:10  TOKYO FM +

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TOKYO FM +

写真ビヨンセ、リゾ…女性の持つ力強さを表現した“ガールズパワーソング”を紹介!
ビヨンセ、リゾ…女性の持つ力強さを表現した“ガールズパワーソング”を紹介!
高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週水曜日は、音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんとお届け。11月13日(水)の放送では、翌14日の「ウーマンリブの日」にちなみ、ガールズパワーソング特集をお届けしました。



マドンナやテイラー・スイフト、ケイティ・ペリー……自立する女性を応援する女性ミュージシャンは数多くいます。そこで今回は、女性の持つ力強さを表現した作品を、ウーマンリブ(女性解放運動)が最初の盛り上がりを見せた60年代より2曲、「#MeToo(私も)」の現代より2曲を、芳朗さんがセレクトしました。

◆アレサ・フランクリン「リスペクト」
60年代編の1曲目は、ウーマンリブのシンボルと言われるこの曲。妻にぞんざいに扱われている夫の悲哀を表した曲で、もともとは男性シンガーが「もっと俺をリスペクトしてくれ」と歌っていたそうです。

ところが女性のアレサがカバーしたことで、歌詞の意味は一変。夫が妻にぼやく曲が、「もっと私たちに敬意を」と、女性が社会に向けて自由を訴える内容と捉えられるように。「『ソウルミュージックの女王』と呼ばれる彼女の歌の力が、曲の意味を変えたんです」と芳朗さんは説明しました。

◆レスリー・ゴア「ユー・ドント・オウン・ミー」
これは1963年の曲で、当時レスリーは17歳。このころはまだウーマンリブが始まっておらず、時代の変化とともに歌の持つ意味が変わったと言います。

もともとは男性からぞんざいな扱いを受けた女性が「私はあなたの所有物じゃない」と主張するラブソング。それがウーマンリブを契機に、男性から自立しようとする女性の姿を描いた曲として評価されるようになったとか。ちなみに普遍性を持つ同曲は、映画「スーサイド・スクワッド」の劇中でも使われています。

◆ビヨンセ「ラン・ザ・ワールド(ガールス)」

現代ミュージックのガールズパワーを先導し、土台を築いてきた歌姫は「デスティニーズ・チャイルド」時代から一貫して女性の自立をたたえてきました。芳朗さんによると、同曲は「ビヨンセの女性賛歌の決定版」。“世界を動かすのは私たち”と連呼し、ビートで鼓舞する楽曲に仕上がっています。

◆リゾ「ジュース」
「いま最も勢いのある女性シンガー」と呼ばれるリゾは、来年のグラミー賞の最有力候補という声も。いわゆるプラスサイズの女性で、デビュー以来「ありのままの自分と体を愛していこう!」と歌い続けています。

芳朗さんは「『私が輝けばみんなも輝く』と、自尊心や自己肯定感を高める曲でむちゃくちゃ元気が出る。美しさの価値や基準は他人ではなく自分が決めるんだよ、っていう思いが歌詞に込められている」と熱弁しました。

裏側にある物語・背景を知ると違った側面を見せるガールズパワーソング。たかみなが「女性の強さはいろいろ。素晴らしいメッセージがあると知ることができた」と感想を口にすると、芳朗さんは「いまはガールズパワーが盛り上がっている。次のグラミー賞にどう反映されるかが楽しみです」と話していました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年11月21日(木) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm
動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定