ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 日向坂46小坂菜緒、初主演映画に感慨「とうとうこの日がきた」<恐怖人形>

日向坂46小坂菜緒、初主演映画に感慨「とうとうこの日がきた」<恐怖人形>

0

2019年11月15日 20:19  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真小坂菜緒(C)モデルプレス
小坂菜緒(C)モデルプレス
【モデルプレス=2019/11/15】日向坂46の小坂菜緒が15日、都内で行われた主演映画「恐怖人形」の初日舞台挨拶に、共演の萩原利久、黒羽麻璃央、水上京香、近藤雄介、石川瑠華、福島雪菜(劇団4ドル50セント)、黒沢あすか、粟根まこと、萩原聖人、主題歌を担当したThinking Dogs、メガホンをとった宮岡太郎監督とともに登壇した。

【写真】日向坂46小坂菜緒、萩原利久、黒羽麻璃央ら豪華俳優陣が集結

◆日向坂46小坂菜緒主演「恐怖人形」

同作は、怨念に引き寄せられた巨大な日本人形が次々と残虐な殺人を繰り返していくネオ・サスペンスホラー。映画初出演で初主演を務める小坂は、主人公でカメラが趣味の女子大生・平井由梨を演じる。
 
◆日向坂46小坂菜緒、初主演映画に感慨

公開初日を迎えた心境を尋ねられた小坂は「とうとうこの日がきたんだなという緊張感もあるんですけど、楽しみと嬉しさも同時にあるので、こうしてたくさんの方々が見てくださって本当にすごく嬉しいです」と感慨深げにコメント。

また、撮影は合宿のような感じで行われたそうで、当時のエピソードを聞かれると、男子チームの黒羽は「寝るのもみんな一緒で、異性がいない『テラスハウス』を想像してもらえると分かりやすいですけど、寝る部屋も一緒で」と明かし、「彼(利久)がすごい寝坊助さんで、我々年上チームは起こすのに必死でした」と回顧。

そんな黒羽から「当時、目覚ましの曲は何を使っていたんだっけ?」と話を振られると、利久は「初日がほぼアウトで、どうしたら起きられるんだろうと思って、せっかくだしってことで(日向坂46の)『キュン』を目覚ましにしたんです」と告白。

続けて「最初にバーって上がるから、目覚ましにいいんじゃないかと思ったんですけど、結局使っても2人に起こしてもらいました」と語った。
 
◆日向坂46小坂菜緒、Thinking DogsのMVに登場

さらに、主題歌となったThinking Dogsの『SPIRAL』のミュージックビデオに出演した小坂。

ボーカルのTSUBASAから「緊張されていたとおっしゃられていたんですけど、そんなこと全然感じさせないような素晴らしい演技をしていただいて、僕ら4人だけではできないような世界観のミュージックビデオになったのかなと思っています。ありがとうございます」と絶賛の言葉が。

小坂は「こちらこそ、そういうお言葉をいただけて、すごく嬉しいですし、本当に緊張していて、1人で他のアーティストさんのミュージックビデオに出演することも初めてだったので、“どうしたらいいんだろう…”って思っていた」と戸惑いを告白。

そして「曲を聴いてミュージックビデオの世界観をイメージすると、なんだか楽しくなって来て、自然と体が動いちゃうような感じで気持ちも乗っていたので、そう言っていただけて本当に嬉しいです。ありがとうございます」と声を弾ませた。

最後にメッセージを求められると、小坂は「今回初めて映画をやらせていただいて、初主演でこの作品に関われたことは本当にすごく嬉しく思っています」と吐露し、「1回見ただけではわからないところもたくさんあると思うので、明日でももっともっとたくさん見ていただけたら嬉しいです」とアピールした。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

    あなたにおすすめ

    ニュース設定