ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 藤ヶ谷太輔×奈緒、『やめるときも、すこやかなるときも』1月スタート

藤ヶ谷太輔×奈緒、『やめるときも、すこやかなるときも』1月スタート

1

2019年11月17日 07:02  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『やめるときも、すこやかなるときも』藤ヶ⾕太輔、奈緒のビジュアル (C)NTV・J Storm
『やめるときも、すこやかなるときも』藤ヶ⾕太輔、奈緒のビジュアル (C)NTV・J Storm
 Kis‐My‐Ft2の藤ヶ谷太輔が主演を務め、女優の奈緒と共演するドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』が、日本テレビにて2020年1月20日より毎週月曜24時59分に放送されることが決まった。

【写真】「奈緒」フォトギャラリー

 作家・窪美澄の同名小説(集英社文庫)をドラマ化する本作は、人を思う優しさと身勝手な残酷さに揺れ、「好き」だけでは前に進めない2人を描くラブストーリー。藤ヶ谷は、繊細な手先で真剣に家具に向き合う家具職人・須藤壱晴役。奈緒は、そんな彼と出会う広告制作会社OL・本橋桜子役を演じる。

 家具職人・須藤壱晴は、真剣に仕事に取り組むも、師を超える新しい作品が作れず、職人として伸び悩んでいた。そんな彼と出会ったのは、仕事面では自立しているものの、恋愛がからっきしうまくいかない広告制作会社OL・本橋桜子。引かれ合い、心を通わせていくように見えた2人。だが、互いにまだ打ち明けていない、心の傷を抱えていた。

 壱晴は大切な人の死が忘れられず、12月のある時期になると1週間ほど声が出なくなる[記念日反応]という症状を抱えていた。一方、父の会社が倒産し、ずっと家計を支えてきた桜子は、早くこの現実から解放されたいと、もがいている。一生を添い遂げるとは、互いの荷物をともに背負うことだと気付いた時、恋愛はどこに向かうのか。

 主演の藤ヶ谷は「僕が演じる須藤壱晴は、僕と同じ30代で、職種こそ違いますが、自分自身の葛藤や、仕事に対する考え方など共感できる部分が多くあります。壱晴は、一見何を考えているかわからない不思議な人ですが、僕自身はそこが好きで、一番の魅力だと思っています。彼の魅力を崩さず、丁寧に自然体で演じたいと思います」とコメント。

 奈緒は「癒えぬままの傷を抱えた壱晴さんと、ずるさや弱さを持ったヒロイン。この物語の中のどの瞬間も、その時の2人を肯定しながら演じたいです。陰の部分だけでなく、脚本で描かれている壱晴さんの不思議な柔らかさと魅力、そして桜子さんのほっとけない愛らしさは現場で素直に楽しみたいと思います」と話している。

 本作は、『Us Forever』のタイトルで、香港、タイ、インドネシア、カンボジア、フィリピン、シンガポール、ミャンマー、モルディブの8ヵ国・地域にて日本との同時期放送が決定。さらに台湾や韓国などへの展開も目指す。

 ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』は、日本テレビにて2020年1月20日より毎週月曜24時59分放送。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定