ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 【略歴】大河ドラマ「麒麟がくる」沢尻エリカ容疑者代役の川口春奈、若手実力派女優の筆頭 磨きかかる美貌で支持

【略歴】大河ドラマ「麒麟がくる」沢尻エリカ容疑者代役の川口春奈、若手実力派女優の筆頭 磨きかかる美貌で支持

3

2019年11月21日 18:19  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真川口春奈 (C)モデルプレス
川口春奈 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2019/11/21】NHKは21日、来年度のNHKの大河ドラマ『麒麟がくる』に出演予定だった女優・沢尻エリカ容疑者が16日に逮捕されたことを受け、代役に女優・川口春奈を起用することを正式に発表した。ここでは、川口のこれまでの活躍をまとめる。

【写真】沢尻エリカ容疑者、逮捕のいきさつ詳細は

◆川口春奈、数々のドラマヒロインに抜擢 実力派女優の階段登る

川口は、1995年2月10日生まれ、長崎県出身。2007年にローティーン向けファッション雑誌『nicola(ニコラ)』の第11回モデルオーディションでグランプリを獲得して芸能界デビュー。卒業後は女優業に専念し、2013年には連続ドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)でゴールデン枠の連続ドラマに初主演した。

その後も「受験のシンデレラ」(NHK BSプレミアム/2016年)、「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系/2017年)、「ヒモメン」(2018年/テレビ朝日系)、「イノセンス 免罪弁護士」(日本テレビ系/2019年)など、数々の作品でヒロインを務め、実力派女優として着実に階段を駆け登っている。

その活躍はドラマだけでなく、映画でも著しく、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(2011年)で映画初出演。「好きっていいなよ。」(2014年)、「にがくてあまい」(2016年)に出演し、「一週間フレンズ。」(2017年)では山崎賢人と、「九月の恋と出会うまで」(2019年)では高橋一生とともにW主演を務めた。

◆磨きかかる美貌で女性から支持

確かな演技力はもちろんのこと、年々美しさを増す美貌は女性の憧れの的となり、数々の女性誌でも活躍。

飾らない人柄がうかがえるSNSも話題を呼び、女性を中心に高い人気を誇る。

◆「麒麟がくる」沢尻エリカ容疑者代役に川口春奈

NHKはモデルプレスに寄せたFAXで、帰蝶(濃姫)役が川口に変更になったことを発表。帰蝶(濃姫)は、斎藤道三の娘で、のちの織田信長の妻。明智光秀を題材とした同作では、女性出演者の中で大きな役割を果たす。川口の大河ドラマの出演は、今回が初めて。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • デビュー当時、釣りが趣味とかで、梅宮辰夫&松方弘樹ばりの海外舟釣り特番。餌も魚も触れず大騒ぎの川口にTVスタッフ唖然。川口春奈『全部お祖父ちゃんがやってたw』
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 初めて見る顔です。民放観ないし。
    • イイネ!16
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定