ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 本田翼演じる沙希が逮捕!桐山漣「ため込んできたものが爆発しそうなクライマックス」『チート』

本田翼演じる沙希が逮捕!桐山漣「ため込んできたものが爆発しそうなクライマックス」『チート』

0

2019年12月05日 14:42  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

本田翼が主演を務める木曜ドラマF『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)最終回(第10話)が、12月5日に放送される。オンエアを前に、警視庁捜査二課の刑事・蓮見将暉役の桐山漣からコメントが到着した。

同ドラマは、年間被害総額が400億円にものぼる特殊詐欺をはじめ、若者たちにも魔の手が迫る詐欺事件をテーマに、人の心を見抜くことにかけては天才的な能力を持つヒロイン・星野沙希(本田)が、クセ者ぞろいの仲間たちと悪徳詐欺師を騙して懲らしめていく痛快ストーリー。「あなたが見ているもの全てが真実とは限らない――」小さな嘘・大きな嘘が散りばめられていて、最後は視聴者も騙される嘘まみれのエンターテインメントドラマとなっている。また本田のほかに、金子大地、上杉柊平、福原遥、富田望生、横田真悠、清原翔、池内万作、風間俊介が出演している。

桐山は「18年前のトスカ事件からナミオカを追い続けてきた蓮見のサイドストーリーもここで終わります。今までの伏線が回収され、この日に向けてため込んできたものが爆発しそうなクライマックスとなりそうです。当初、キャッチコピーとして使われていた『騙し、騙され、騙し返す』。嘘に塗れた世界で何を信じるか、怪しい登場から気づけば蓮見が視聴者に近い目線の役割をいただけたのではと思います。蓮見の行く末や、裏切りに気づいた部下の大谷そして安西との決着にも目が離せない、そんな最終回になりそうです。一筋縄ではいかないドラマCHEATの醍醐味を存分に味わってもらえたら僕らは幸いです」とコメントを寄せており、どんなクライマックスを迎えるのか、注目が集まる。

<最終回(第10話)あらすじ>
伝説の詐欺師・ナミオカとして逮捕された沙希(本田)。彼女は蓮見(桐山)の取調べを受け、詐欺師と共謀していたという身に覚えのない証拠を突き付けられる。沙希が逮捕されたのは、チートの中に裏切り者がいた可能性が高かった。沙希を救うために一致団結しようと主張する加茂(金子)に対し、美月(福原)と根岸(上杉)はチートをやめると言い出す。多数決でチートの解散が決まる。その様子を、安斎(風間)が隠しカメラを通じて見ていた。

ジュエル☆トリコのモモが詐欺師の娘ではないかという噂が広まり、中込(清原)は対応に追われていた。モモは姿を消したままで、不安になるマイ(富田)とユナ(横田)。中込たちは、モモこと沙希が詐欺容疑で逮捕されたことをニュースで知る。

沙希が容疑を否認したまま、取調べは続いていた。彼女は、安斎が詐欺師を集めて他人の土地を大手ホテルグループに売りつけようとしていると蓮見に訴える。しかし、蓮見は沙希の言うことを信用しない。一方、沙希の逮捕で混乱するジュエル☆トリコは、事務所の方針で解散が決定する。

1人になった加茂は、沙希を助けたいと思いながら何もできず、途方に暮れるばかり。沙希は厳しい取調べを受け、疲れも限界に達していた。チートはバラバラになり、巨額詐欺を狙う安斎の企みは着々と進行する。

安斎との最後の戦い、絶体絶命の状況まで追い込まれた沙希に逆転のチャンスはあるのか!?

    あなたにおすすめ

    ニュース設定