ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 高畑充希が“サンタコス”に挑戦、深田恭子ら「UQ三姉妹」がウエスタンガール姿でダンス披露【注目CM】

高畑充希が“サンタコス”に挑戦、深田恭子ら「UQ三姉妹」がウエスタンガール姿でダンス披露【注目CM】

0

2019年12月06日 17:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真新CMで“サンタコス”に挑戦した高畑充希
新CMで“サンタコス”に挑戦した高畑充希
 注目のテレビCMを紹介する『CM まとめ2019年12月』。今回は、高畑充希がサンタのコスプレに挑戦した『ケンタッキー・フライド・チキン』、深田恭子ら「UQ三姉妹」がウエスタンガール姿で踊る『UQ mobile』、岡田将生&ハライチ・澤部佑が“小学生”に変身した『ポケットモンスター ソード・シールド』の3本をピックアップ。

【写真】「ガブッ!」満面の笑みでチキンにかぶりつく高畑充希や、初のラブロマンスに挑戦したMattなど新作CMを一挙公開!

■高畑充希の演技力が光る、ほっこりとしたクリスマスストーリー

 「毎回泣ける」と話題の日本テレビ系連続ドラマ『同期のサクラ』に出演中の女優・高畑充希が、『ケンタッキー・フライド・チキン』(以下KFC)の新CM「鉢合わせ」篇、「これ何会?」篇に登場。サンタクロース風の白いひげに、帽子をかぶったキュートな姿を披露している。

 「鉢合わせ」篇は、高畑が友人とのクリスマスパーティーにKFCの「パーティバーレル」を持って行くシーンから始まる。なんと友人も「パーティバーレル」を持参しており、驚きながらも、みんなで楽しくオリジナルチキンをほおばる…というストーリーとなっている。また同時公開された「これ何会?」篇でも、高畑を中心にオリジナルチキンを食べながら盛り上がる“女子会”が描かれており、どちらも寒い時期にぴったりな心温まる内容に仕上がっている。

 “サンタコス”で「クリスマス、ケンタッキーにしない?」と笑顔で語りかける高畑に対し、SNS上では「あれはズルいかわいすぎる」、「毎日でもケンタッキーにする」などの声が続出。さらに「『同期のサクラ』と同じ髪型だから比べちゃうけど、全く別人に見える。演技力すごいんだな…!」といったコメントも寄せられるなど、演技派として知られる高畑の魅力も再注目されていた。

 なおCM楽曲には、「クリスマスが今年もやって来る〜」の歌詞でおなじみの竹内まりやの「すてきなホリデイ」を起用。ネット上では、「ついに今年もこのCMが流れてしまいましたか」、「1年の中で、この曲が流れ始めてからクリスマスまでの期間が一番好き」といった声が上がっており、同ソングを通して今年も残りわずかという実感を抱いた人が多かったようだ。

■美しい「UQ三姉妹」が、おそろコーデで軽快なカントリーダンスに挑戦!

 女優の深田恭子、多部未華子、永野芽郁が「UQ三姉妹」として出演する『UQ mobile』のCMシリーズ最新作「カントリーダンス篇」が公開された。

 2016年にスタートした同CMシリーズは、深田が長女、多部が次女、永野が三女を演じており、ママ役にはピンクガチャ(ガチャピン)、パパ役はブルームク(ムック)と、斬新な家族設定が話題を呼んでいる。また1970年代に大ヒットしたピンク・レディーの「UFO」のイントロに合わせて、三姉妹が「UQ!」と声をそろえて踊り出すという独特な世界観も、新作が公開されるたびに注目を集めている。

 「カントリーダンス篇」は、趣味でカントリーダンスをはじめたママに付き合わされ、三姉妹とパパが踊るというストーリーを展開。ママの熱血指導を受けた三姉妹は、UQカラーの学生服を着た学生40人と共に軽快なステップを披露している。バックで使用している楽曲「UFO」もカントリー風にアレンジされており、これまでのシリーズと一味違った雰囲気に仕上がっている。

 さらに今回は、三姉妹の衣装にも注目だ。50年代のアメリカのウエスタンガールをモチーフにしており、随所にヴィンテージアイテムを取り入れているという。ネット上では「多部ちゃんも奥さんになりました」、「3人がかわいすぎて、めちゃくちゃガン見してしまう」といったコメントが寄せられている。

■岡田将生&ハライチ・澤部がインパクト大な“小学生”に変身

 話題沸騰中のポケモンシリーズ最新作『ポケットモンスター ソード・シールド』の新CMに、俳優の岡田将生とお笑いコンビ・ハライチの澤部佑が、なんと“小学生役”で出演している。CMを見たユーザーからは早速、「ポケモンのCMに岡田のまーくんとか…私を目がけて攻めてるとしか思えない」、「お二方とも違和感がない(笑)」といった声が上がるなど、注目を集めている。

 今回制作されたのは、「すれ違い篇」など全3篇。CG合成により子ども姿になった“岡田少年”と“澤部少年”が、学校や電車などで同ゲームの魅力や変わらない面白さを力説するというストーリーとなっている。

 なかでも、同ゲームを買ってもらおうと澤部少年が母親を説得する「クリスマスの説得篇」は、岡田少年の子供らしからぬ助言が話題に。「もっと情に訴えて!」、「ちゃんと対価を示して!」、「季節感!」など岡田少年の助言に対し、澤部少年は言われた通りに説得を続けていくさまを熱演している。

 メイキング映像では、澤部の表情やアドリブに岡田とスタッフが爆笑するシーンが満載。岡田から「今年で一番楽しい撮影かもしれない」というコメントが漏れるなど、気心の知れた友人との撮影を満喫した様子が垣間見えた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定