ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > ポルカ・雫、『女神』MVで演じた「凡才が努力で化け物になった存在」

ポルカ・雫、『女神』MVで演じた「凡才が努力で化け物になった存在」

0

2019年12月06日 18:50  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(火曜ナビゲーター:雫<ポルカドットスティングレイ>)。12月3日(火)のオンエアでは、『女神』のMVの制作秘話を語った。

この記事の放送回をradikoで聴く



■『女神』のMV、テーマは「天才と凡人」

この日は、ドラマ『左ききのエレン』主題歌に起用された楽曲『女神』MVの制作秘話を語った。


動画を別画面で再生する

:作中で私は、凡才が努力で化け物になった存在を演じてます。演奏シーンで髪の毛がピンクの私と髪の毛がボブで白シャツ着てる私と2人いるんですけど、両方凡人なんですね。何も染まってない状態をボブのほうで演じてます。『左ききのエレン』の作中に白とか黒って表現がよく出てきて、白が何も染まってない状態として表現されてるみたいなので、白シャツを着て髪の毛をグレーにしてます。最終的に凡人が努力して天才にも勝るようなバケモノになった状態をピンクのほうの私で演じてます。

雫は「私自身が天才ではない」とした上で、こう語った。

:私の仕事のテーマにもしてるんですけど、とにかく努力でゴリ押しするみたいな、天才の人にも勝る努力をして、努力でバケモノになるという。ちょっと私自身にも通じるようなMVに仕上がりました。

また、過去のMVと髪型が似てることから「当時のことを表現しているのか」と質問されると、雫は否定した。

:『夜明けのオレンジ』とか『テレキャスター・ストライプ』のときの髪型が似てるので、「それを表現してるんですか」と聞かれるんですけど、違います。普通に髪型が似てるってだけです。けっこういろんな細かい要素を散りばめてたりするんですけど、私と監督の自己満足みたいなところもかなりあるので(笑)。ファンクラブのブログで詳しく解説してもいいかなと思ってます。


■楽曲制作プロジェクト『sp813』完成版を初オンエア

リスナーと一緒に曲を作る楽曲制作プロジェクトで作り上げた『sp813』。先週は歌詞が公開され、この日はついに完成版が公開された。

:うちはプリプロ(※仮録音)から本番までが早いから、プリプロの意味あるのかなってたまに思うんですけど(笑)。本番のときはギターが変わって、ドラムはそのまま使ってます。ベースはけっこうやり直して、ボーカルはデモ音源を使ってるところと歌い直してるところがあります。改めて歌詞を見ながらでもいいし、デモ音源とどこが変わってるか見つけながら聴いてみてください。

【radikoで聴く】『sp813』完成版(2019年12月10日28時59分まで)

ポルカドットスティングレイは、12月11日(水)に1st LIVE DVD & Blu-ray『ポルカドットスティングレイ 2019 有頂天ツアーファイナル ポルフェス45 #かかってこいよ武道館』をリリース。それに先駆け、12月9日(月)には東京・ユナイテッド・シネマ豊洲などで先行上映会と予約会が行われる。詳細は公式サイトをチェックしよう。

J-WAVE『SPARK』では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがナビゲーターを務め、毎週火曜日は雫(ポルカドットスティングレイ)が担当する。放送は月曜〜木曜の24時00分から25時00分まで。来週もお楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定