ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 『スター・ウォーズ』完結編、前夜祭上映が決定!上映時間は2時間22分

『スター・ウォーズ』完結編、前夜祭上映が決定!上映時間は2時間22分

0

2019年12月10日 18:00  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真2,304人が最速で見られる! 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』先行上映が決定 (C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
2,304人が最速で見られる! 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』先行上映が決定 (C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード9にあたる完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)の前夜祭上映が、北海道・東京・愛知・大阪・福岡の劇場で、12月19日の18時30分から実施されることが決定した。発表に伴い、本作の上映時間が2時間22分になることも明らかになった。


 先行上映を実施するのは、札幌シネマフロンティア(北海道)、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知)、TOHOシネマズ梅田(大阪)

ティジョイ博多(福岡)の5館(座席数計:2,304席)。チケット発売は12月13日の0時(12月12日の24時)を予定しており、オンラインまたは劇場窓口で購入が可能となる。(ミッドランドスクエアシネマのみ12月14日0時発売、ムビチケ利用不可)


 本作は、1977年に全米公開された『スター・ウォーズ/新たなる希望』から描かれてきた、スカイウォーカー家の物語が完結を迎える最後の『スター・ウォーズ』。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)から再びメガホンを取ったJ・J・エイブラムス監督が、物語を終えるために要した上映時間は2時間22分となった。光と闇を受け継いたレイとカイロ・レン、世代を超えた“光と闇の戦い”の行き着く先が描かれる。


 記念すべき日本最速上映について、“スター・ウォーズの聖地”である日劇の閉館に伴い、新たにファンが集う場となったTOHOシネマズ六本木の古澤支配人は、「2015年から『スター・ウォーズ』シリーズ公開時のカウントダウンを開催し続け、六本木ヒルズが新たな“聖地”になることを目指してきた私にとって、遂に『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が公開され、その前夜祭上映を開催できることは、大変光栄なことであり、最高の幸せです。ファンの皆さんと一体となって公開を迎えるあの興奮が、これまでで最大の興奮が、遂にやってくると思うと、今から待ちきれません!12月19日の18:30、皆さんの“フォース”を六本木ヒルズに集結させ、最大の“フォース”をもって公開を迎えましょう!!」とコメントを寄せている。(編集部・入倉功一)


【関連情報】
【動画】『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最後の予告編
『スター・ウォーズ』カイロ・レンの修理されたマスクに日本の影響
『スター・ウォーズ』エイブラムス監督、レイアを別の女優に…という提案を突っぱねた

    あなたにおすすめ

    ニュース設定