ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 仲間由紀恵、『ハラスメントゲーム』SPで唐沢寿明と初共演 「秋津そのものという感じがしました」

仲間由紀恵、『ハラスメントゲーム』SPで唐沢寿明と初共演 「秋津そのものという感じがしました」

0

2019年12月11日 06:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』の唐沢寿明と仲間由紀恵 (c)テレビ東京
ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』の唐沢寿明と仲間由紀恵 (c)テレビ東京

 2020年1月10日にテレビ東京系で放送されるドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』に、ゲストとして仲間由紀恵、萩原聖人、塚本高史、唐田えりかが出演することが決定した。


参考:唐沢寿明主演『ハラスメントゲーム』、2020年1月にスペシャルで復活 広瀬アリス、古川雄輝らが再集結


 2018年10月クールで放送された井上由美子原作・脚本の『ハラスメントゲーム』。スペシャルドラマとして復活する本作では、マルオースーパーを舞台に、“無縁社会”と呼ばれるコミュニケーション断絶の時代に巣食う問題点を描く。マルオースーパーのコンプライアンス室長・秋津を演じる主演の唐沢寿明のほか、広瀬アリス、古川雄輝、喜多乃愛、石野真子、佐野史郎、高嶋政宏らレギュラーキャストが再集結する。


 仲間が演じるのは、過重労働撲滅特別対策班(通称・カトク)の鮫島冴子。食らいついたら標的を離さないことから、名前の通り「人食いザメ」と恐れられる百戦錬磨のカトクという役どころだ。テレビ東京系ドラマへの出演は、主演を務めた2009年1月の時代劇『寧々〜おんな太閤記』以来11年ぶりで、唐沢との共演は今回が初となる。


 さらに、物語の舞台となる「マルオースーパーみなとみらい店」副店長・中村一役で萩原、「みなとみらい店」店長・梶川雅男役で塚本、「みなとみらい店」店員・加納初美役で唐田が出演する。


【仲間由紀恵(鮫島冴子役)コメント】
昨年話題になったドラマのスペシャルに参加できるという事で大変光栄に思っています。今まで演じてきた役以上にハードルの高い役柄でしたので、実は苦戦しながら必死に食らいついて、極限の厳しさを秘めた冴子の姿に少しでも近づけるように集中して撮影に臨みました。今回唐沢さんとは初共演でしたが、役に誠実に取り組まれている姿やこの作品にかける愛情のようなものをそばで見て感じることができて、すごく有り難かったです。さすが昨年から作り込まれているだけあって、秋津(唐沢の役柄)そのものという感じがしました。現場も、すごく丁寧に撮られる西浦監督が、きちんとお芝居を見てくださるので、役者にとってすごくいい環境だったなと思います。今回なんと、「秋津 VS カトクの女」というサブタイトルがつく大役をいただき、これは何としても秋津から見て強敵にならなければと一生懸命頑張りましたので、楽しんで見ていただけたらと思います。


【萩原聖人(中村一役)コメント】
世の中には色々なハラスメントが溢れていて、きっと表に出るもの出ないものがあると思いますが、誰かが勇気を持つことで、わかることがあるのではないかと考えさせられる作品です。自分は気づいていないけど、果たして無意識にハラスメントをやっていないか気づかされます。生活環境、働く環境が人それぞれ違う中で、人間関係の問題は必ずあると思います。このドラマを見てもらうことで考えさせられる点があるのではないでしょうか。自分には関係ないと思っていることの中に、関係あるかも!と思う気持ちが増えていると色々世の中が変わる気がすると思います。そう思ってみていただければ嬉しいです!


【塚本高史(梶川雅男役)コメント】
今回、スーパーの店長・梶川を演じますが、今までに演じた事のないキャラクターでしたので、そういう面でもすごくやりがいがあるなと思い、楽しみに現場に入りました。今回唐沢さんとのシーンも多かったので、ガッツリお芝居ができて楽しかったですね。西浦監督は演技などについても明確に言ってくださるので、すごく気持ちよくやらせていただきました。
スーパーの表と裏の顔をうまく出せればなと思いながら演じましたので、僕がどんなキャラクターなのかも注目して、楽しみにみていただけると嬉しいです!


【唐田えりか(加納初美役)コメント】
キャストの皆さんが豪華なので、その中で埋もれないように先輩方からたくさん吸収できるよう心がけました。また、前作のファンの方々を裏切らないようにと思い、頑張りました。今回演じた初美は、私自身と似ている環境でしたので、その気持ちがすごく通じるものがありました。初美は母しか心のよりどころがないけれど、だからこそ悩みなどが言えず、甘えられないという色々な思いがあります。集中して演じようと思っていたら撮影期間中、役に入りすぎて、すごく寂しかったです。(笑)
このドラマを通して、意外と気づかない無意識なハラスメントで周りの人を攻めてしまっている人が、それに気づくきっかけになるといいなと思います。職場で悩んでいる方、皆さんに見ていただき救いになると嬉しいです。


(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定