ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『いきなりマリッジ3』第4話ーー出会って7日目の新婚旅行で問題発生 新郎新婦それぞれが抱える不安とは?

『いきなりマリッジ3』第4話ーー出会って7日目の新婚旅行で問題発生 新郎新婦それぞれが抱える不安とは?

0

2019年12月11日 07:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『いきなりマリッジ3』(c)AbemaTV
『いきなりマリッジ3』(c)AbemaTV

 初対面の男女が出会ったその日に婚姻届を書き、そのまま30日間の“新婚”生活を送る“新婚”観察リアリティーショー『いきなりマリッジ』待望の第3シーズン。その第4話が、12月7日よりAbemaビデオにて配信されている。


 以下、今回の見どころをレポートする。細かなネタバレもあるため、ご注意いただきたい。


「まだ、何喋ろうって思っちゃうことがある」


 “新婚”生活7日目の夜、新婚旅行最終日のディナーで新婦ヒナ(24歳)は新郎ジュンペイ(39歳)にこう打ち明ける。ジュンペイは「ヒナの中でまだ壁があるからじゃない?」と指摘しつつも、「気を遣わなくていいよ、俺には」と優しく声をかけた。だが、ヒナは言葉を返さない。お互い好印象でスタートしたが、この日、二人の間にある“薄い壁”が浮き彫りになった。口をつぐみ、ジュンペイを無言で見つめるヒナの表情が頭に残る。


 “新婚”生活6日目。フードコートでの二人の会話から、お互いについてまだまだ知らないことばかりなのだと気づかされる。


 ヒナに「サラッて元カレの話するじゃん。嫌じゃないの?」と聞かれたジュンペイは、「過去は変えられないじゃん」とにこやかに答えた。一方、ヒナは「元カノの話されるの嫌だ」と口にする。ヒナはいつだって正直だ。そんなヒナの素直さをジュンペイは受け止める。「嫌なくせにさ、自分の元カレの話するって最低だよね」とヒナが言うと、「でも俺は気になんないからいい訳じゃん、それは」とすかさずフォローを入れるジュンペイ。ジュンペイが元カレの話に抵抗がないのには、二人の“新婚”生活にも理由があるようだ。


「情報がない状態から会ってるからさ、どんどん知らないとさ、わかんないじゃん」


 ジュンペイは持論を語るとき、ヒナの顔をまっすぐ見つめて話す。その真剣な表情からは、ヒナをもっと知りたいという思いが伝わってくる。だが、ヒナは時折考え込むような表情を見せ、黙り込んでしまう。相手のすべてを知ろうとオープンなジュンペイとは裏腹に、ヒナは心の内側に不安を抱え込んでいるように見えた。


 「今まで付き合った人、毎日ケンカだったんだけど」と振り返るヒナ。彼氏が店員さんと仲良くしているだけでイラッとするという。そんな“やきもち妬き”なヒナに、MCの陣内智則とゲストのアレクサンダーは「可愛い」と絶賛。アレクサンダーが「逆にヤキモチ妬かせたくなっちゃうよね」と言ったとき、紗栄子は「それが笑いに終わればいいんですけどね」と呟いていた。優しいジュンペイのちょっとした言動が、ヒナの嫉妬心に火をつけないか心配だ。


 “新婚”生活7日目。シュノーケリングを楽しむ二人は、ウミガメと泳ぐ貴重な体験をする。新婚旅行最後の夜のディナーで、ジュンペイに「(新婚旅行は)どうでした?」と聞かれたヒナは「胸がいっぱい」と笑顔を見せた。しかし、このあとの会話で、冒頭のヒナの発言を皮切りに、二人の間には若干の気まずい空気が流れることに。


 新婚旅行最後のインタビューで、ヒナは「(ジュンペイが)先生かのように言ってくる」と顔をしかめ、彼の“大人らしい対応”に「疲れちゃう」と本音を明かした。これからの“新婚”生活で、内に秘めている部分をお互いにさらけ出すとき「(二人の関係が)一回だけ壊れる気がする」と予想するヒナ。スタッフに「そこを経てじゃないと深まらない?」と問われると、コクリとうなづいていた。ヒナは決して関係が壊れることを望んでいるわけではない。だが、仲を深めるためには一度大きな衝突が起こるのではと覚悟しているようだ。


 ジュンペイにも不安があった。「頼りたいとは思えないです、彼女に対しては」と真剣な面持ちで告白する。結婚するなら支え合いたいと考えているジュンペイ。年の差ゆえ、甘えられてしまうことは自覚しつつも、「あの子には支えてもらえないかな」と正直な思いを吐露した。


 仲睦まじい姿が度々映し出されるからこそ、二人の間にある“薄い壁”が際立った第4話。陣内やアレクサンダーが考察していたように、ヒナは優しすぎるジュンペイの態度と“30日”しかない結婚生活に不安や焦りを感じているのかもしれない。次週予告では、結婚に前向きな姿勢を見せるジュンペイとは対照的に、涙を見せるヒナの姿が映し出された。“薄い壁”を破り、お互いの思いを曝け出すことはできるのだろうか。


(片山香帆)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定