ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > リーチ・マイケルまねるRGに「まぎらわしい!」 会場近くでパレード

リーチ・マイケルまねるRGに「まぎらわしい!」 会場近くでパレード

0

2019年12月11日 15:24  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2020』受賞式に登場したレイザーラモンRG (C)ORICON NewS inc.
『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2020』受賞式に登場したレイザーラモンRG (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・レイザーラモンのレイザーラモンRGが11日、東京・KITTEで行われた『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2020』の授賞式に出席。この日は、会場近くの丸の内でラグビー日本代表がパレードをやっていたことから、ラグビーファンも通りかけ、リーチ・マイケル主将の物まねで登場したRGに向かって「まぎらわしい!」との声も。それを聞いたRGは「それだけ似ている」とニヤリと笑った。

【写真】リーチ・マイケル姿のRGと並んで笑顔の若槻千夏

 続けてRGは「今年の夏に、相方がジャッカルされて、ひとりでやるしかない時間があった」と苦しい日々があったことも話し「それを乗り越えて、ひっそりとやっていたリーチ・マイケルさんのモノマネで12月はめちゃめちゃ忙しい。来年はHGと2人でワンチームを」とコンビで協力していくことを誓った。

 “埼玉県代表”でこの日のイベントに登場した若槻千夏は「最初、コンタクトをしてなかったので、RGさんがリーチ・マイケルさんだと思っちゃって。パレード近いから楽屋一緒なのかな?と思いました」と天然っぷりを発揮。

 今年は、二階堂ふみとGACKTが共演した映画『翔んで埼玉』がヒットしたことから、若槻は「埼玉出身の私と土田(晃之)さんがフル稼働でした。初めて出身地でご飯が食べられました。出身地が埼玉であることを胸張りたいです」と地元のありがたみを感じていた。

 『本当に住みやすい街』は東京、神奈川、千葉、埼玉を対象に、住環境、交通利便、教育環境、コストパフォーマンス、発展性の5つを選定基準に選定されている。

 この日は、お笑いコンビのダイアンも登壇した。

■『本当に住みやすい街大賞2020』
1位:川口(埼玉県)
2位:赤羽(東京都)
3位:たまプラーザ(神奈川県)
4位:柏の葉キャンパス(千葉県)
5位:入谷(東京都)
6位:王子(東京都)
7位:武蔵小金井(東京都)
8位:小岩(東京都)
9位:ひばりヶ丘(東京都)
10位:東雲(東京都)

■『本当に住みやすい街大賞2020』シニア編
1位:木場(東京都)
2位:大泉学園(東京都)
3位:平塚(神奈川県)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定