ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 田中圭、主演映画『mellow』完成披露試写会で“メロウ”を連発!「メロウ、メロウ言ってる場合じゃないな(笑)」

田中圭、主演映画『mellow』完成披露試写会で“メロウ”を連発!「メロウ、メロウ言ってる場合じゃないな(笑)」

0

2019年12月11日 15:40  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「誰かに興味を持つことって、すごく大事なことだなと思いました。興味を持たない限り、その人って他人なんですよね」(田中圭)

【動画】映画『mellow』予告編

『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019年にドラマ『あなたの番です』での好演もあり、今最も勢いのある俳優・田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ)が、2020年1月17日に全国公開となる。
12月10日、新宿バルト9にて、本作の完成披露試写会が開催。主演の田中圭をはじめ、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、そして本作のメガホンを握った今泉力哉監督が登壇すると、会場からは黄色い歓声が上がった。

初お披露目となる今の気持ちを聞かれた田中は「メロウな気持ちですよ。『mellow』の完成披露で、メロウな仲間と、メロウな観客の皆さんと、メロウな記者様と過ごせて、メロウな気分です(笑)」と、タイトル『mellow』に絡めたコメントをすると、監督から「今日メロウって何回言うんだみたいになりますよ!(笑)」とツッコミが入り、会場は笑いに包まれた。

田中との共演を聞かれた岡崎は「初日からフランクに接してくださって。本当に優しい方でした。現場に入ってもそんなに緊張することなく、リラックスしてその場にいられたのは田中さんのおかげです。ありがとうございます」と感謝の気持ちを吐露。

また『パンとバスと2度目のハツコイ』に続き、監督との2度目のタッグについて聞かれた志田は、「前回の『パンバス』のときも今回の『mellow』もなんですけど、今泉さんはもちろん、スタッフの皆さんが本当にあたたかくて、優しい方しかいないので、監督の現場が私はとっても好きなんです。今泉さんはどの役に対しても平等に愛情を注いでくださって、ていねいに向き合ってくださるので、今回も安心して、ただただ楽しんでいました」と回答すると、田中が「めっちゃ良いこと言うね! 俺もメロウ、メロウ言ってる場合じゃないな(笑)」と感心しきりの様子だった。

さらに、初の映画出演について聞かれた松木は「初めてのことだらけで、最初は大丈夫かな、上手くできるかな、と緊張していたんですけど、現場に入ったときに最初に見えるのが、スタッフさんや共演者の皆さんの笑顔だったので、その笑顔を見たら、頑張ろうと思えるような、それこそメロウな雰囲気が流れているすごく素敵な現場だったので、私も安心してお芝居に臨むことができました」とコメント。すると田中は、「めっちゃ上手いこと言えるね! メロウの使い方天才か!」と志田に続き、感激していた。

本作の着想について聞かれた監督は「もともと『パンとバスと2度目のハツコイ』と同じチームでお話をいただいて。初めはなかなか書けなくて、締め切りを2〜3回飛ばしたんですよ。そしたら人生で初めて、しかもこのご時世に“ホテル取りますか?”って言われたんです(笑)」と作品が出来るまでの裏話を語った。

そうして出来あがった脚本について聞かれた田中は、「すごく面白かったんですよね。でも、なんでこの話を映画にしようと思ったのか、僕ら全員が経験したことあるような話なんだけど、みんなが見過ごすような小さな気持ちを、すごくすごく大事に寄せ集めているような脚本だったので、なるべく監督の言うことを忠実にやろうと意識していました」と語り、このことに対して監督は「基本的に僕のやり方は1回通しで演じてもらうんです。そうすると、自分が思っている以上にキャストが広げてくれるんですよね。今回も田中さんが、自分が思っていた真っ当ないい人の夏目を人間らしくしてくれました」とコメントした。

花を誰かに送ったことがあるかという質問に、田中は「今までお花にあまり興味がなかったのですが、母が亡くなってから、初めて花束をお花屋さんに行って、自分で1本1本選んだりとか、誰かを想いながら作るというのを体感したんです。そんな風にお花に興味を持ち始めたときに、このお話をいただいたので何かの縁を感じましたね」と作品と実生活の繋がりを語った。

本作のように、どこか見たことのあるような身近な風景を切り取った演出が魅力の今泉監督作品。そんな本作での役づくりについて聞かれた岡崎は、「やってみると全然難しくて、学ぶことがたくさんありました。日常を意識するようにおっしゃっていただいていたので、セリフをひとつ言うにも“えーっと”など、何気なく使う言葉を入れていいということだったので、そういうのは意識していないと意外と出てこなくて、難しく感じました」と語った。

最後に田中は「この映画を観て僕がいちばん思ったことは、誰かに興味を持つことって、すごく大事なことだなと思いました。興味を持たない限り、その人って他人なんですよね。その人のことを考えたりとか、その人のためにとか、好きっていう感情ももちろん素敵ですし、でも、そのきっかけがひとつ興味だと思うので、こういう映画がたくさんの人に愛されて、みんなが興味の持てる人が増えて、今より他人という感覚がなくなれば良いな、とすごく思いました。本作を観てメロウな気持ちになってください!」と挨拶し、イベントは大盛況で終了した。


映画情報
『mellow』
2020年1月17日(金)新宿バルト9・イオンシネマ シアタス調布 ほか全国公開
出演:田中圭
岡崎紗絵 志田彩良 松木エレナ 白鳥玉季 SUMIRE 山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)ともさかりえ/小市慢太郎
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:並木瑠璃「花になる」
配給:関西テレビ放送 ポニーキャニオン
(C)2020「mellow」製作委員会

映画『mellow』作品サイト
mellow-movie.com

    あなたにおすすめ

    ニュース設定