ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『4分間のマリーゴールド』の“花巻家” 福士蒼汰、菜々緒、横浜流星、桐谷健太がオールアップ

『4分間のマリーゴールド』の“花巻家” 福士蒼汰、菜々緒、横浜流星、桐谷健太がオールアップ

1

2019年12月13日 06:01  リアルサウンド

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真(左から)横浜流星、福士蒼汰、菜々緒、桐谷健太
(左から)横浜流星、福士蒼汰、菜々緒、桐谷健太

 本日12月13日に最終回を迎える、『4分間のマリーゴールド』(TBS系)。主演の福士蒼汰をはじめ、菜々緒、横浜流星、桐谷健太の4名が、先日そろってクランクアップを迎えた。


【写真】兄弟3ショット


 本作は、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画を原作としたラブストーリー。手を重ねた人の“死の運命”が視えてしまうという特殊な能力を持つ救急救命士と、命の期限が1年後に迫った義姉との禁断の恋を描く。


 最初に撮了したのは、福士、横浜、桐谷。深刻なシーンではあったが、最後の「カット」がかかった瞬間、3人は安堵のこもった笑顔を浮かべた。“死の運命”が視える救急救命士という難役に挑んだ福士は「今回ほど悩み、葛藤した作品はありませんでした」と苦労を明かしつつも、「みことと同じように悩んできたことで、自分も少し成長できたのかなと思います。それは何より花巻家の家族の存在が一番大きかった」と支えてくれた“家族”へ感謝の気持ちを伝えた。花巻家の末っ子で料理担当・藍を演じた横浜は「皆さんのおかげで毎日が楽しく、自分をさらけ出すことができました」と笑顔を見せ、「おいしいごはんが食べたい時は、いつでも僕を呼んでください(笑)」と、ちゃめっ気たっぷりに“料理男子”ならではのコメント。父親のように兄弟を見守る長男・廉を演じた桐谷は、「すごくいい空気の中でお芝居をすることができました」と語り、「たまにふざけ過ぎて、“引き戻さないと”という時もありましたけど(笑)、それも含めていい経験になりました」と家長としての達成感を語った。


 最後は、ヒロイン・沙羅を演じた菜々緒。先にクランクアップした福士、横浜、桐谷も現場に残って菜々緒の撮了を見守った。最後まで愛にあふれた花巻家4兄弟の紅一点を演じた本作について、「とても温かくて居心地の良い現場でした。花巻家の兄弟に支えられて、本当に楽しい3カ月間でした」と締めくくった菜々緒。同時に『4分間のマリーゴールド』もオールアップを迎え、現場には歓喜の声と拍手が響きわたった。


 福士、菜々緒、横浜、桐谷からはコメントが寄せられている。


■コメント
・福士蒼汰
これまで主役として出演したドラマ作品の中でも、今回ほど悩み、葛藤した作品はありませんでした。みことと同じように悩んできたことで、自分も少し成長できたのかなと思います。それは何より花巻家の家族の存在が一番大きかったと思います。そして、スタッフの皆さんが温かく見守ってくださったことで、安心してお芝居ができましたし、自分も恩返ししていきたいなと思える作品でした。ありがとうございました!


・菜々緒
とても温かくて居心地の良い現場でした。それがとてもうれしかったですし、花巻家の兄弟に支えられて、本当に楽しい3カ月間でした。ありがとうございました。


・横浜流星
皆さんのおかげで毎日が楽しく、自分をさらけ出すことができました。おいしいごはんが食べたい時は、いつでも僕を呼んでください(笑)。ありがとうございました。


・桐谷健太
皆さんのおかげですごくいい空気の中、お芝居をすることができました。たまにちょっとふざけ過ぎて、「引き戻さないと」という時もありましたけど(笑)、それも含めていい経験になりましたし、いい思い出にもなりました。自分の人生がひとまわり好きになれるドラマでした。


(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定