ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 韓流美男子トリオが時代劇ラブコメディーに挑戦! 魅惑の“資本主義微笑”が炸裂

韓流美男子トリオが時代劇ラブコメディーに挑戦! 魅惑の“資本主義微笑”が炸裂

3

2019年12月15日 12:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真(写真左から)ピョン・ウソク、キム・ミンジェ、ソ・ジフン 撮影/キム・ジヒョン
(写真左から)ピョン・ウソク、キム・ミンジェ、ソ・ジフン 撮影/キム・ジヒョン

 朝鮮時代の良家のイケメンが、現代でいう結婚コンサルタント集団“コッパダン”を結成して活躍するラブコメディー時代劇『コッパダン』。いま韓国で人気上昇中の若手俳優がそろった人気作品から、キム・ミンジェ、ソ・ジフン、ピョン・ウソクの3人にインタビュー!

3人の個性豊かな役柄

ミンジェ「まず、男女の縁をつなぐ仲介人が“男性”という点がすごく新鮮でした。そしてマ・フンという、気難しくてクールだけど実は繊細な心を持つ人物を演じてみたいと思ったんです。

 時代劇は言葉遣い、声のトーンなどが現代劇とは違いますが、胸を張ってキリッとした姿勢を保ったまま演技するのがいちばん大変でした(笑)」

ジフン「僕が演じたイ・スは平凡な鍛冶職人から、ある日を境に突然、王になった役柄です。本格的に時代劇のセリフで演技したのは初めてだったのですが、先輩方の演技を参考に自分との共通点を探しながら問題を解くように学びながら演じました」

ウソク「ト・ジュンは、はた目にはただの遊び人のようですが、複雑な事情があり心に傷も抱えています。僕自身よりもはるかにアップグレードした役で(笑)、魅力あふれる人物なので、興味深く見ていただけるとうれしいです」

ミンジェ「ウソクさんが演じたからト・ジュンが一段とイケメンキャラとしてアップグレードしたんですよ(笑)」

ジフン「ウソクさんはドラマの中でもふだんでもいつもニコッと素敵な笑顔を見せるんです。僕らはそれを“資本主義微笑(営業スマイル)”と呼んでいます(笑)」

ウソク「いやいやいや、いつも心からの笑顔なんですよ!(とニッコリ)」

 撮影を通してボケ・ツッコミの会話もポンポンと交わすほど仲よしに。実はコッパダンにはもうひとり、コ・ヨンスという美形キャラが登場する。演じたのは大人気グループ元WannaOneのメンバー、パク・ジフンだ。

甘いキスシーンが韓国で話題に

ミンジェ「パク・ジフンさんは現場でヨンスになるためにかなり努力していました。わからないことは周りの人に質問したり、アイデアもいっぱい出してくれたり……。ジフンさんには助言を応用して自分のものにする柔軟なセンスがもともとあるんですよ。なので、お互いによい感じで演じることができました」

ジフン「彼は、子役の経験があるので僕が初めて演技したときよりもずっとうまかったです(笑)」(ミンジェ、ウソクも「そうそう!」と同意)

 ヒロインを演じたのは、3度目の紅白出場が決まったガールズグループTWICEのジョンヨンの姉のコン・スンヨン。ミンジェとの甘いキスシーンは韓国で放送中、大きな話題に。そして、ジフンと彼女をめぐり展開する切ない三角関係も見どころになっている。

ミンジェ「キスシーンは……、なんて言えばいいのかな……、いつも……難しいです(テレ笑い)。いつも緊張しながら撮影に臨んでいますね。このドラマは、こういう胸キュンなエピソードや楽しいシーンもたくさんありますが、僕たちそれぞれが複雑な背景を持っているんです。

 それをどう解決しながら成長していくのか、という青春ドラマとしても楽しんでもらえたらと思っています」

 【ウラ話】超ナイスガイな対応ぶり

 週刊女性では昨年『偉大な誘惑者』というドラマでもキム・ミンジェにインタビュー。取材現場に入るやいなや「以前お会いしましたよね?」と挨拶してくれたミンジェ。取材後には「また次のドラマでも会いましょう!」と自ら握手まで求めてくれる超ナイスガイぶり。

 ドラマの中では“仲人”と呼ばれていたコッパダンの仕事。男女の仲を取り持つコッパダンのリーダーを演じただけに、ミンジェの気配りのうまさが光っていた。

(取材・文/さいきいずみ)

キム・ミンジェ 1996年11月1日生まれ。'15年のドラマ『2度目の二十歳』でチェ・ジウの息子役を演じ、翌年の『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』で注目を浴びる。'18年に『偉大な誘惑者』で共演したウ・ドファンとはプライベートでも仲よし。

ピョン・ウソク 1991年10月31日生まれ。モデル活動を経て'16年俳優デビュー。ドラマ『検索ワードを入力してください:WWW(原題)』('19年)『ディア・マイ・フレンズ』('16年)『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜』('16年)などに出演。そのほかウェブドラマやバラエティー番組でも活躍している。

ソ・ジフン 1997年4月25日生まれ。'16年ドラマ『シグナル』でデビュー。『ソロモンの偽証』('16年)『恋するレモネード』('17年)と学園ドラマで見せた高い演技力が話題に。前作『ケリョン仙女伝〜恋の運命はどっち!?〜』('18年)で演じたキム・グム役が好評で話題を呼んだ。

ドラマ『コッパダン(原題)』

CS 衛星劇場にて12月13日から日本初放送スタート


毎週金曜日夜11時〜ほか(

https://www.eigeki.com/special/koppadan


(c)Jcontentree corp.all rights reserved

このニュースに関するつぶやき

  • これってニュース?yahooさんwwwwwww
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 整形していないのかな?平凡な顔ですね。
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定