ホーム > mixiニュース > トレンド > 排気量2500ccのパワフルバイク

排気量は驚異の2500cc! トライアンフ、ゴリラみたいなパワフルバイク新型「Rocket 3」発表

277

2019年12月16日 19:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真2500ccの3気筒エンジンを搭載した「Rocket 3」新型が登場。サイドから見えるぶっといエキパイが迫力満点
2500ccの3気筒エンジンを搭載した「Rocket 3」新型が登場。サイドから見えるぶっといエキパイが迫力満点

 トライアンフモーターサイクルズジャパンより、世界最大排気量のエンジンを搭載したというモンスターバイク「Rocket 3」が発売されます。



【写真】量産バイク世界最大排気量を自負する新型「Rocket 3 R」



 Rocket 3シリーズはこれまでも大排気量エンジンが搭載されてきましたが、今回発表された新型に搭載されたエンジンの排気量は驚異の2500cc!



 トライアンフによれば、量産型バイク用エンジンとしては世界最大となり、最大221Nm/4000回転の強力なトルクを発生。ホンダ・CB1300SF(2019年型)の最大トルクが118Nmですから、だいたい排気量に比例して、リッタークラスの大型バイクに対して2倍近いトルクがあり、低回転から押し出されるような力強い加速が期待できます。



 車重は291kgと少々覚悟がいる重さですが、ゴールドウイングなどをライバルとする大型ツアラーとしては「大きなエンジンの割には意外と軽い」という見方もできます。ちなみに1世代前のモデルと比較すると約40kgの軽量化に成功しています。



 最新のバイクらしく、個性的な丸目2灯のヘッドライトはLED、メーターはデジタル表示。トルクアシスト機構を備えた軽いクラッチレバー、773mmと低めのシート高、ライダーの体格に合わせて上下に調整できるステップなど、楽に一日中旅を続けられるバイクに仕上げられています。



 トライアンフ・ロケット3の価格は265万3000円で、まずは標準仕様の「Rocket 3 R」を発売。ツーリング仕様の「Rocket 3 GT」、2019年5月に発表された世界限定750台のファクトリーカスタムモデル「Rocket 3 TFC」については現時点では未定となっています。


このニュースに関するつぶやき

  • 8200佞離椒好曠后Ε咼奪哀ノンはバイク扱いちゃうんか?
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • ダッジ・トマホーク(V10、8300cc、Max480Km/h)よりも、はるかに実用的かもね(笑) http://photo.mixi.jp/view_photo.pl?owner_id=6947640&photo_id=2321064897
    • イイネ!30
    • コメント 13件

つぶやき一覧へ(182件)

あなたにおすすめ

ニュース設定