ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 2年越しに掴んだF1フル参戦。ジョビナッツィ、初年度は苦戦も「学んだことすべてが役に立つ」

2年越しに掴んだF1フル参戦。ジョビナッツィ、初年度は苦戦も「学んだことすべてが役に立つ」

0

2019年12月17日 14:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
 アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは、F1フル参戦初年度となった2019年シーズンをランキング17位で終え、今年学んだことはすべて2020年シーズンに役に立つだろうと語った。

 2019年シーズンはアルファロメオが苦戦したこともあり、ジョビナッツィはチャレンジングなシーズンを過ごした。しかし彼は、2020年シーズンにはより強く、そしてより速くなるために、これまで直面してきた厳しい時間を活用するつもりだと話した。

「悪い思い出も必要だ。そこから学ぶためにね。来年はもっと強くなって戻ってくることができるだろう」

『GPToday.net』によると、ジョビナッツィは先週「今シーズンから来シーズンに向けて、僕が引き出すことができるものはたくさんある」と述べていた。

「この冬に懸命に仕事をするためにも、僕とキミ(ライコネン)にとって重要なものになると思う」

「良いマシンを手にするために、僕たちはできる限り懸命な作業をすることになる。僕たちやチームにとってそれがもっとも重要なことだ」

「メルボルンで(2020年シーズンを)スタートするけれど、僕はもう準備ができている。僕はただ2020年に集中したい。先週のタイヤテストを終えて、次のシーズンをより良いものにするために、この冬は本当に一生懸命仕事をするよ」

■ベストリザルトはブラジルGPでの5位「次のステップに進むのが楽しみ」

 ジョビナッツィは、2017年に当時ザウバーに所属していたパスカル・ウェーレインがレース・オブ・チャンピオンズに出場した際に背中を負傷したため、彼の代役としてF1にデビューした。この年は開幕戦オーストラリアGPと第2戦中国GPに出場したが、その後はアルファロメオのシートを掴むまでに2年も待たなければならなかった。

 チームメイトは経験豊富なベテランのライコネンだったが、ジョビナッツィが初入賞を果たしたのは第9戦オーストリアGP。その後は第14戦イタリアGPと第15戦シンガポールGPで連続入賞を果たし、2020年もアルファロメオからF1に参戦することを発表した直後のブラジルGPでは、2019年シーズンのベストとなる5位に入賞した。

「モンツァとシンガポール、それにブラジルは僕たちにとってベストリザルトだった。この3戦は本当に良い思い出だ。悪い思い出といえば、スパだと思う」

 その第13戦ベルギーGPでは、ジョビナッツィは決勝レースの終盤43周目に9番手を走行していたが、プーオン(ターン10)でクラッシュを喫してポイント獲得を逃してしまった。また、チームにとっても特に厳しいレースだった最終戦アブダビGPをトップ10圏外で終えたことにもがっかりしている。

 ジョビナッツィはアブダビGPについて、「確かに厳しいレースだった」と振り返った。

「僕たちは(チームメイトとは)異なる戦略を採った。僕はソフトタイヤでスタートして、序盤は良いラップを走っていた。そのあと僕は最初の方にハードタイヤへ交換したドライバーのひとりだったけれど、DRSを使えなくて、ウイリアムズの後ろで詰まってしまった」

「本当に難しいレースだったし、ペースもなかった」

「たくさんの教訓を学んだシーズンだった。メルボルンでスタートラインに戻れば、それらすべてが僕の役に立つだろう。予選とレースの両方に関して、自分が改善してきたやり方には満足している。次のステップに進むのが楽しみだ」

「この冬は懸命に仕事をし、どの部分を改善できるのかを理解して、2020年にもっと良いシーズンを過ごせるようにベストを尽くすよ!」

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定