ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > WEC:ACO、2020年ハイパーカーは多様性もたらすと強調。物議呼んだ参戦基準についても言及

WEC:ACO、2020年ハイパーカーは多様性もたらすと強調。物議呼んだ参戦基準についても言及

0

2019年12月17日 18:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真TOYOTA GAZOO Racingが公開した2019/2020年シーズンのWEC参戦車両イメージ
TOYOTA GAZOO Racingが公開した2019/2020年シーズンのWEC参戦車両イメージ
 WEC世界耐久選手権やル・マン24時間レースを運営するACOフランス西部自動車クラブのスポーティングディレクター、ビンセント・ボーメニルは2020年導入の新最上位クラス“ハイパーカー”への参戦を認めるかどうかはFIAエンデュランスコミッションに最終的な判断が委ねられるとし、プライベーターの参戦が認められる可能性もあると示唆した。

 現行のLMP1に代わる形で導入されるハイパーカークラスについては、12月4日に行われたWMSC世界モータースポーツ評議会(ワールド・モータースポーツ・カウンシル)で「自動車メーカーブランドの下でホモロゲーションを受けた車両を用いなければならない」と規定することが決定されている。

 これを受け、プライベートチームが独自に開発し、自動車メーカーのブランドに属さない車両ではハイパーカークラスに参戦できないのではという見方も出ていた。

 しかしACOのボーメニルは、先述の規定は必ず遵守する必要があるわけではないとコメント。エントリーを認めるかは、FIAエンデュランス・コミッションが「ケース・バイ・ケース」で判断するとした。

「“自動車メーカーのブランド”というのは、例えばピザや携帯電話のブランド名では駄目ということだ。自動車を製造しているブランドでなければならないという意味だ」とボーメニル。

「ハイパーカー参戦への参戦を認める際、市販車の生産台数に関する基準などを定めるつもりもない。今回の規定は、ハイパーカークラスへの参入を制限するものではなく、むしろ促すためのものなんだ」

「(スクーデリア・キャメロン・)グリッケンハウスを例にすれば、彼らもいくつか市販車を手掛けている。そして我々は生産台数の関する基準を設けて問題を作り出すつもりはないから、あとはエンデュランス・コミッションの裁量に委ねられる」

 またボーメニルはオリジナルマシンで参戦を検討しているバイコレス・レーシングについても、市販車開発の方針を明かしていることからエントリーが認められる可能性が高いだろうと示唆している。

「バイコレスはレーシング活動と並行して市販車を製造していく方針を示しており、いずれバイコレスブランドのクルマが販売されるだろう。だから、あとはエンデュランス・コミッションを納得させられるだけのものが用意できるかどうかだ」

「我々は市販車の世界でブランド力を持つクルマがハイパーカーを戦ってほしいと思っている。だから、もしフェラーリやポルシェ、マセラティといったブランドだけでなく、ケータハムのような小さな会社も参戦してくれたら喜んで歓迎する。彼らのクルマはどれも夢を与えてくれる存在だからね」

「仮に我々がレギュレーションに『年間登録台数が一定以上のブランドで……』といったことを定めてしまえば、水面下で進んでいるかもしれない多くのプロジェクトを中止に追い込むことになる。そういった事態だけは避けたい」

■ハイパーカー規定は「搭載するエンジンや車両外観に多様性をもたらす」

 またボーメニルは、12月4日のWMSCで承認されたハイパーカーレギュレーションは、エンジンやシャシーデザインでエントラントに幅広い選択肢を提供するものだとも述べている。このレギュレーションに関しては、ロータリーエンジンの使用も認められたことが明らかとなっている。

「ロータリーエンジンに関心をもつ自動車メーカーが存在していることは、誰もが承知していることだろう」とボーメニル。

「今回承認されたレギュレーションのポイントは、ハイパーカーにはまったく新しいアプローチで臨むという点だ。新レギュレーションではエアロパフォーマンスとエンジンパフォーマンスに制限を設けることで、搭載するエンジンの形式や車両外観については自由度が与えられている」

「このハイパーカークラスに多様性をもたらしたいんだ。クラスを戦う全車両が同じようなエンジンを積み、同じような見た目になることは望んでいない。かなり難しい挑戦になるだろうがBoP(性能調整)がパフォーマンス差を解消してくれる」

「今のところ、F1やフォーミュラE、DTMドイツ・ツーリングカー選手権などは、どれも同じクルマで戦っているような状況だ。そんななか、我々はまったく違うマシンたちが争うシリーズとなる。エントラントに多様性をもたらすシリーズでありたいと思っているし、これは革新的な挑戦でもある」

「だから、もし仮にロータリーエンジンでハイパーカーに参戦したいというエントラントが出てきても、我々が参戦を拒む理由はない。プロジェクトの成り行きを見守るプロセスは用意できているからだ」

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定