ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > セルモ/インギング、2020年の参戦体制拡充を正式発表。GT500は2台、SFは3台体制に

セルモ/インギング、2020年の参戦体制拡充を正式発表。GT500は2台、SFは3台体制に

1

2019年12月18日 13:31  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真ZENT CERUMO LC500
ZENT CERUMO LC500
 スーパーGT GT500クラスにLEXUS TEAM ZENT CERUMOとして参戦するチーム・セルモ、そして全日本スーパーフォーミュラ選手権にJMS P.MU/CERUMO・INGINGとして参戦するインギング・モータースポーツは12月18日にプレスリリースを発行し、2020年の参戦体制拡充について発表した。スーパーGT、スーパーフォーミュラともに1台ずつが増える。

 2019年はGT500クラスに立川祐路/石浦宏明のコンビでLEXUS TEAM ZENT CERUMOとして参戦していたセルモは、2020年からGT500クラスに2台体制で参戦することになった。すでにオートスポーツweb、オートスポーツ本誌でもお届けしているとおり、2019年のチャンピオンチームであるTEAM LEMANSがGT500での活動を終え、セルモが2台になると言われていた。

 一方、セルモ/インギングとして石浦と坪井翔を擁し参戦していたスーパーフォーミュラでは、従来の2台体制から1台を加え、3台体制で参戦することになった。国内トップフォーミュラでの1チーム3台体制は、2009年のインパル以来となる。

 セルモとインギングの卜部治久代表は「現在人員の補充、設備の拡張を図り参戦体制の強化をすすめており、2020年シーズンにはチームスタッフ一同が一丸となって、シリーズチャンピオン奪還を目指して戦っていく所存でございます」としている。

 国内トップカテゴリーにおいて非常に重要な動きとも言えるセルモ/インギングの体制拡充。では果たして、GT500の2台、SFの3台で誰がステアリングを握るのかが大いに気になるところだ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定