ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > F1マイアミGPの開催可否が最終段階に。「来月中には決定されるだろう」とF1 CEO

F1マイアミGPの開催可否が最終段階に。「来月中には決定されるだろう」とF1 CEO

0

2019年12月22日 07:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真アメリカではすでにオースティンでの開催があるが、マイアミGP開催に向けても動いている
アメリカではすでにオースティンでの開催があるが、マイアミGP開催に向けても動いている
 F1をマイアミ市で開催するかどうかの最終的な決断が、来月中にも下される可能性がある。

 F1の商業権保有者であるリバティ・メディアは、現在のテキサス州オースティンでのレースに次ぐふたつ目のアメリカでのレース開催を望んでいることを、繰り返し述べてきた。

 当初はマイアミ沿岸部の市街地コースでの開催が計画されていたが、地元のあらゆる団体からの反対意見が噴出。次いで、NFLアメリカンフットボールのチームであるマイアミ・ドルフィンズの本拠地ハードロックスタジアムの駐車場および周辺の道路でのレース開催が提案されたものの、この会場についても地元市民グループからの反対があった。

 マイアミ・ドルフィンズのオーナーであるスティーブン・ロスはコストを負担するためのコンソーシアムを立ち上げたため、プロジェクトの資金調達は問題ではない。しかしながら全体のプランについて、様々な機関や市民グループから承認を得ることが最終的なハードルとなっている。

「マイアミについては、政治的なプロセスに取り組んでいるところだ」とF1のCEOを務めるチェイス・キャリーは語った。

「ビジネス面では、ほぼ確定した状態にある。地元の政治の場においては意見の相違があり、我々はなんとか対処しなければならない。彼らは一連の会議を開いているので、早期に結論が出るものと考えている。どのように事態が解決されるか、来月中には決定されるだろうと我々は楽観視している。つまりマイアミに関して言えば、レース開催の可否については最終段階だ」

 リバティはマイアミ以外の会場についても検討している。可能性のひとつはラスベガスだが、キャリーはアメリカや世界の他の開催候補地に関する憶測についてはコメントしていない。

「我々には供給を超えるレース需要がある」とキャリーは語った。

「我々は世界中の居住可能な大陸すべてにおいて、熱心な話し合いを行なっている。ただしオーストラリアでは1戦が開催されており、ふたつめのレースをする考えはないので除外している。そうした話し合いについては、契約が成立するまで非公開にする考えだ」

 キャリーは、2020年のベトナムとオランダでのレースについても議論が公にされてこなかったことを指摘した。マイアミ会場の件がニュースになっている唯一の理由は、様々な公的および政府機関が関わっているからだ。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定