ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > スーパーフォーミュラの2020年最終戦は11月14〜15日開催に。WEC富士との日程重複を回避

スーパーフォーミュラの2020年最終戦は11月14〜15日開催に。WEC富士との日程重複を回避

0

2019年12月23日 18:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦鈴鹿のスタート
全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦鈴鹿のスタート
 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)は、2020年開催スケジュールの一部変更を発表した。鈴鹿サーキットでの最終戦開催スケジュールが11月14〜15日開催へと変更されている。

 2020年のスーパーフォーミュラは4月4〜5日の第1戦鈴鹿を皮切りに、全7戦で構成。このうち最終戦となる第7戦鈴鹿は当初10月31〜11月1日に開催される予定だった。

 しかし12月12日にWEC世界耐久選手権の2020/21年暫定スケジュールが発表されたことで状況に変化が生まれた。スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿と同じ週末に、2020/21年のWEC第3戦が富士スピードウェイで開催される予定となったのだ。中嶋一貴や小林可夢偉、山下健太など、WECとスーパーフォーミュラを掛け持ちしているドライバーは多く、2020年も並行参戦するドライバーは多いとみられている。

 12日発表のWEC暫定カレンダーを受けて、JRPはスーパーフォーミュラ第7戦の開催日を変更。現在のスケジュールではスーパーGT最終戦もてぎの翌週となる11月14〜15日での開催に変更された。開催地は鈴鹿サーキットで変更はない。

 日程変更されたスーパーフォーミュラ最終戦の翌週にあたる11月19〜22日には愛知県と岐阜県でWRC世界ラリー選手権第14戦ラリー・ジャパンも開催される予定なので、WEC富士、スーパーGT最終戦もてぎ、スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿、ラリー・ジャパンと、11月はモータースポーツ三昧の週末を過ごすことができそうだ。

■2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権開催スケジュール(12月23日発表時点)
RoundDayCircuit14月4日〜5日鈴鹿サーキット24月18日〜19日富士スピードウェイ35月16日〜17日オートポリス46月20日〜21日スポーツランドSUGO58月29日〜30日ツインリンクもてぎ69月26日〜27日岡山国際サーキット711月14日〜15日鈴鹿サーキット

    あなたにおすすめ

    ニュース設定