ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > スーパーGT:GT300クラスのJAF-GT車両規定に変更。エキゾースト位置変更が可能に

スーパーGT:GT300クラスのJAF-GT車両規定に変更。エキゾースト位置変更が可能に

2

2019年12月28日 15:51  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真12月27日に富士スピードウェイでシェイクダウンされたGRスープラとおぼしき車両。エキゾースト出口はドア下部となっている。
12月27日に富士スピードウェイでシェイクダウンされたGRスープラとおぼしき車両。エキゾースト出口はドア下部となっている。
 JAF日本自動車連盟は、12月25日で2020年のJAF国内競技車両規則の改正および追加についてホームページに掲載した。スーパーGT GT300クラスへの参戦が可能なグランドツーリングカー300についても変更が加えられている。

 2019年のGT300クラスにはJAF-GT規定に沿って2台のTOYOTA GR SPORTS PRIUS PHV apr GT、そしてSUBARU BRZ R&D SPORTが参戦していた。今回の変更で大きな点としては、第3条3.3.2)のドア部分が挙げられる。

 2019年まで規定として定められていたのは、「ドア外面形状は、フラットボトム底面から120mmまでの範囲を削除することができるが、それ以外の部分は当初の形状を維持しなければならない。ドアの裏面形状を変更することが認められる」というものだ。

 この規定が2020年からは、「ドア外面形状は、フラットボトム底面から120mmまでの範囲を、またドア下部サイドステップ内に排気系(触媒装置含む)を設置する場合ドア外面形状は、フラットボトム底面から170mmまでの範囲を削除することが出来るが、それ以外の部分は当初の形状を維持しなければならない(以下略)」とされた。

 つまり、これまで底面から120mmより上の範囲は市販車のドア形状を保たなければならなかったが、サイドステップ内にエキゾーストを通す場合は170mmまでドア形状を変更することができる。

 これまでTOYOTA GR SPORTS PRIUS PHV apr GTやSUBARU BRZ R&D SPORTは、フロントタイヤ後方のフェンダー下部からエキゾーストが出されていたが、この規定変更により、レクサスRC F GT3やメルセデスAMG GT3、ニッサンGT-RニスモGT3等の他のFRのGT3カーでも見られるようにサイドステップにエキゾーストを通し、ドア下部、もしくはサイド後方下部から出すことができる。

 12月27日に富士スピードウェイでシェイクダウンされたGRスープラとおぼしき車両も、エキゾースト出口がドア下部にあり、サイドにはエキゾーストの排熱と思われる穴が開けられている。

 また、今回の規定統一では最低重量とエアリストリクター径の組み合わせとして、これまで1100kg/1150kg/1200kgという最低重量区分だったものが、新たにこの3種類に加え1250kgと1300kgが加えられた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定