ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『今日好き』冬休み編、錯綜する恋が迎える“切ない結末”とは? 注目メンバーを軸に振り返る

『今日好き』冬休み編、錯綜する恋が迎える“切ない結末”とは? 注目メンバーを軸に振り返る

0

2020年01月13日 11:41  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『今日、好きになりました。 冬休み編』(c)AbemaTV
『今日、好きになりました。 冬休み編』(c)AbemaTV

 AbemaTVにて放送中の恋愛リアリティーショー『今日、好きになりました。 冬休み編』(以下、『今日好き』)が、1月20日に最終回を迎える。『今日好き』は、初対面の高校生が、2泊3日の中で本気の恋愛をするリアリティショー。胸キュンあり、涙ありの甘酸っぱい“恋の修学旅行”の模様を映し出す。今回の舞台はバリ島。“冬休み編”ということで、いつもより長い3泊4日の旅となる。最終回を迎えるにあたり、これまでの放送を振り返りながら、冬休み編のメンバーを改めて紹介したい。


(関連:『今日好き』グアム編、“運命の告白”の結果は? “ルール破り”もあった恋の修学旅行を振り返る


 冬休み編は、『今日好き』シリーズ最新作。これまでに全16シリーズが配信されている。新ルールとして「本気の恋を見つけるまで、終わらない旅」が追加されてからは、すでにハワイ編・香港ディズニーランド編・韓国チェジュ島編・夏休み編・韓国ソウル編・台湾編・グアム編が終了。今回のメンバーは女子5名、男子4名の計9名で、その中には3名の継続メンバーが含まれる。


 一人目は、今回が6回目の出演にして、過去最多の継続となる雨宮由乙花(以下、ゆずは/韓国チェジュ島編、夏休み編、韓国ソウル編・台湾編・グアム編からの継続メンバー)。山梨県出身の高校2年生で、ギャル雑誌『egg』の専属モデルとしても活躍している。ゆずはは、夏休み編で福田優志(ゆうし)とカップル成立になったものの、帰国後すぐに破局。それ以外でも、これまで涙を流す結果となることがほとんどだった。たとえばグアム編。織田魁斗(以下、かいと)に終始積極的にアピールしていたが、最後の告白でも想いは届かなかった。


 今回の継続メンバーの中には、そのかいとも含まれている。今回かいとは、第一印象では新メンバーの大塚美波(以下、みなみ)の名前を挙げていた。だが、「まだゆずはが想ってくれてるのか、そういったところでまた変わると思います。気持ち的にはリセットして始めたいなと思ってるんですけど」ともコメント。そんな中、1日目夜の2ショットを経て、かいとはゆずは一人に絞っていると宣言していた。これを機に、ゆずはに追われる立場だったかいとが、彼女に猛アピールし始める。ゆずはも恋する乙女がごとく、嬉しそうだ。


 だが、2日目に3人目の継続メンバー旭空汰(以下、くうた)が登場する。くうたといえば、ゆずはが初登場となった韓国チェジュ島編で一目惚れをし、猛アタックしていた男子だ。登場早々、ゆずはを2ショットに誘うくうたを見て、気が気でないかいと。しかし、ゆずははなびかなかった。ショッピングセンターで、女子が気になる男子へプレゼントを選ぶ(何人でも可)という場面でも、かいとだけにお揃いのTシャツを購入したり、恒例のグループデートでも二人でウミガメを見に行ったり……。それ以外でも二人は手をつないだりハグをしたりと、もはやカップル同然の様子であった。そして、「3日目の夜は男子からも告白できる」というルールのもと、かいとはゆずはを呼び出す。果たして、ゆずははどんな答えを出すのだろうか。今回こそ、ゆずはには幸せを掴んで、笑顔で卒業してほしい。


 そして、新メンバーたちの間でも多くの想いが交差する。唯一の高校1年生である小浜桃奈(以下、ももな)は、同じく新メンバーの豊田賢太(以下、けんた)に夢中の様子。1日目夜の2ショットでも自らけんたを誘い、積極的にアピールする。一方のけんたは、新メンバーの清水英実(以下、えいみ)に好意を寄せており、ももなにも都度自分の気持ちを伝えていた。それでも、ももなはめげなずに追い続け、徐々にけんたの気持ちを動かし始める。ショッピングセンターで買ったブレスレットをけんたにプレゼントし、素直な想いを告げると、突然けんたが涙を流し出した。「一途に伝えてくれるのが嬉しい」と心が揺さぶられたようだ。ここから、けんたの気持ちが徐々にももなに向き始める。


 そんな中、ももなはグループデートでのパラセーリングをきっかけに、木村魅希(以下、かいき)への想いも芽生えていく。かいきは、第一印象からももなのことを気になっていた。ももなとかいきが、2ショットで楽しそうに話していると、そこに突如けんたが現れる。


 ももながかいきとけんた、どちらを選ぶのかに注目したいところだが、彼女を想うのは二人だけではなかった。継続メンバーのくうたも、ももなを狙っていたのだ。グループデートでバラバラになってしまったくうたは、ももなのためにインコのぬいぐるみのお土産を用意。さらに「俺を男の子として見てほしい」と照れながらも、ももなに自分の胸中を告白していた。3人から想いを寄せられ、急なモテ期到来に混乱するももなだが、最後には誰を選ぶのだろうか。


 ほかにも、かいきに惹かれている岩永由里菜(ゆりな)の健気な一途さに胸が苦しくなったり、かいきに惹かれつつも積極的に行動できないみなみを応援したくなったりと、ついつい各出演者に感情移入してしまう。恋の矢印が複雑に交差する冬休み編、高校生たちのリアルな恋模様の結末に刮目せよ。(文=高橋梓)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定