ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 「病室で念仏を唱えないでください」主題歌は三浦大知の新曲

「病室で念仏を唱えないでください」主題歌は三浦大知の新曲

2

2020年01月17日 21:31  シネマトゥデイ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真写真

 伊藤英明が主演を務めるTBSの新ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(毎週金曜よる10時)が17日よりスタートする。主題歌は三浦大知が担当する。


 ビッグコミック増刊号で現在も連載中の同名コミックが原作の本作は、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(しょうえん)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う1話完結形式の医療ヒューマンドラマ。伊藤のほか、中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香、片寄涼太らが出演する。


 ドラマのために書き下ろされた主題歌「I'm Here」(1月15日リリース)は、三浦が「“何もない自分”“好きになれない自分”をひっくるめて肯定できるような、前向きな楽曲」と語るミディアムテンポのダンスナンバー。三浦がドラマ主題歌を担当するのは4度目で、2年半ぶりとなる。


三浦大知コメント

主題歌に起用していただき、とても光栄に思っております。主人公はドクターでありお坊さんという一風変わったキャラクターですが、その中でも仏教的な知識を中心に様々な学びのあるドラマだと思います。そして、本当に素晴らしいキャストの方々が出演されているので、僕自身もとても楽しみにしております。このドラマと一緒に楽曲も楽しんでいただけたらうれしいです。


伊藤英明コメント

Folderの頃からファンだった三浦大知さんに主題歌を書き下ろしていただき、大変うれしく思っています。三浦さんが持つ世界観の大きさが、ドラマの登場人物たちが悩みながらも力強く前に踏み出す姿に寄り添っているような楽曲になっていて、今、一生懸命撮影している僕らの映像と、この主題歌「I'm Here」が重なったドラマを誰よりも僕が一番見たくて心待ちにしています。

きっと皆さんの心にも熱いものが届くと思いますので、主題歌もドラマも楽しみにしていてください!


(編集部・中山雄一朗)


【関連情報】
【写真】丸刈りになった伊藤英明
島袋寛子、11年ぶりドラマ出演!「病室で念仏を唱えないでください」で母親役
瑛太&永山絢斗の兄・永山竜弥、ドラマで活動再開へ

    あなたにおすすめ

    ニュース設定