ホーム > mixiニュース > 社会 > 福島第2原発 廃炉完了に44年

福島第2、廃炉に44年=東電、地元に計画概要提示

47

2020年01月22日 23:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 東京電力は22日、福島第2原発の廃炉完了まで今後44年かかるなどとする廃止措置計画の概要を、立地する福島県富岡町の議会に説明した。正式に計画を策定し、廃炉に関する協定を結んでいる同町と楢葉町、県の事前了解を得た上で、原子力規制委員会に申請する。

 計画では、廃炉の全体工程を4段階に区分。(1)放射能汚染状況の調査など準備期間として10年(2)原子炉周辺設備の撤去などに12年(3)原子炉本体などの撤去に11年(4)原子炉建屋などの撤去に11年―かかるとした。 

このニュースに関するつぶやき

  • 火力発電所は1年で解体できるが超低経費の原発はなぜこんなに期間が必要なのか。日常の点検も火力より格段に多い人手がかかっているが給料は半額なんだろうか。日本のウランは無害のはずだ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • その44年間に費やされるお金は途方もないもの。これで「原発は安いエネルギー」などとはもう口が裂けても言えないだろう。
    • イイネ!40
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(31件)

あなたにおすすめ

ニュース設定