ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 小池栄子 女性人気急増の理由

小池栄子「宇宙一のメロンパイ」から演技派女優へ、女性人気急増の理由

223

2020年01月24日 10:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真小池栄子
小池栄子

 小池栄子(39)の女優業が好調だ。昨年10〜12月期のドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ系)では、生田斗真扮する主人公の姉を演じ、息の合ったやりとりを見せた。今年の2月には大泉洋とダブル主演する映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』が公開される。

 また、1月11日放送の『あなたが主役 50ボイス』(NHK総合)では、沢尻エリカの降板で揺れた大河ドラマ『麒麟がくる』の代役オファーの話題について「正直、ちょっと待ってました」と冗談めかして語った。だが、実際のところ彼女にそういう話が来てもおかしくはない最近の活躍ぶりだ。

 もっとも、'98年に17歳でデビューしたとき、彼女がこうなるとは誰も予想しなかっただろう。当時のキャッチコピーは「宇宙一のメロンパイ」。91センチというバストを持つ、巨乳グラドルとして男性ファンを魅了した。それがいまや、女性人気の高い実力派「女優」である。

 ちなみに、小池を発掘したのは野田義治さん。芸能プロダクションのイエローキャブを創業して「巨乳」ブームを巻き起こした男だ。彼はスカウトした娘の親に対して、こんな口説き文句を使っていたという。

売れるにしたがって服を着せていく。つまり、私の仕事はお嬢さんに服を着せていくことというわけです

 だが、そこからが難しい。巨乳グラドルが売れて服を着るころ、次のステップにうまく移行できるとは限らないからだ。

 グラビアアイドルから女優として芸能界に生き残る人は雛形あきこ(41)もいるが、こちらはもともと子役出身。しかも、好感度はナインティナインらと共演したバラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で得たところも大きい。

 ではなぜ、小池は女優として成功したのか。

女優として開花した“転機”とは

 転機は、NHKを代表する2大ドラマだろう。'03年の朝ドラ『こころ』でヒロインの友人役、'05年の大河ドラマ『義経』では巴役に起用された。どちらも、男まさりなキャラである。

 また、'11年の映画『八日目の蝉』では、新興宗教の施設で育てられ、男性経験のないフリーライターを演じた。3作品とも、嫉妬されにくい役という点で共通しており、同性から役を通して好感度を得ることができた。

 これが同じ「巨乳」グラドル系でも細川ふみえ(48)あたりだとそうはいかない。'94年の主演ドラマ『幕末高校生』(フジテレビ系)でイケメン生徒たちとタイムスリップする新米教師役など、いかにも同性のやっかみを買いそうな役どころであったからだ。

 さらに細川は歌手として『スキスキスー』『にこにこにゃんにゃん 』『だっこしてチョ 』といった曲を連発。'93年には建設省(現・国土交通省)の治水推進ポスターに、水遊びでスカートが濡れた姿で登場したところ、扇情的だとしてフェミニスト系の政治家に抗議されてしまった。今でこそ、50代手前でも際立つ艶っぽさに憧れる女性もいるが、当時は同性からの支持を得るのはなかなか難しかっただろう。

 一方、小池は'06年から『日経スペシャル カンブリア宮殿〜村上龍の経済トークライブ〜』(テレビ東京系)のサブMCを務め、お堅い仕事もきっちりこなしながら、「巨乳」グラドル時代のイメージを消していったわけだ。

拍車をかけた悩みの告白

 さらに大きかったのは、ある悩みの告白である。彼女はひどい便秘体質らしく、それを健康系バラエティー番組などで明かしてきた。医者には「便秘で死ぬかもしれない」と警告されるほど深刻なようだが、これが同じ悩みを持つ女性の共感を生んだりする。

 そればかりか、裏表なく本音で生きている人女の敵タイプではない人だと思わせることにもつながったのだ。

 ここ数年は、便秘薬のCMにも出演中。前出の細川が長年、入浴剤のCMに出て、巨乳グラドル系らしい色気をふりまき続けていたのとは対照的だ。

 ただ、細川の場合、グラドルとして成功しすぎたことが足枷(あしかせ)となったともいえる。小池はそれほどでもなかった。井川遥ら癒し系グラドルの全盛期に、彼女は「威圧系」などと呼ばれ、個性派という位置づけだったのだ。

 1月10日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では田中みな実らとのトークのなかで、写真集をまた出す気はあるのかと聞かれ、

出さないですね。最後のサイン会、ファンの人、5人だったんで

 と自虐しネタに昇華させていた。本人は需要があれば続けるつもりだったというが、需要が下火になったことも思いきった路線変更を可能にしたのだろう。つまり、彼女は「巨乳」を隠したというより、それを見せない仕事のほうがもっと向いていたわけだ。

 男性に媚びるイメージが希薄だからか、ジャニーズアイドルとの共演も多い。前出の生田以外にも、大野智や加藤シゲアキの主演ドラマをアシストしてきた。

 私生活では、'07年にプロレスラーの坂田亘と結婚。夫と一緒にリングに上がったこともあり、それこそ『義経』で演じた巴のようだ。最近は「玉の輿」感よりも自分でバリバリ稼いでいるという印象で、働く女性からも親しまれている。

 グラビアアイドルから演技派女優へ見事に転身し、バラエティー番組ではコメント力も発揮、さらには同性からの好感度も高い小池栄子。「巨乳」だけでなく「色気」も隠すことで、今のポジションを得た彼女は、今後も活躍していくだろう。

PROFILE


●宝泉 薫(ほうせん・かおる)●作家・芸能評論家。テレビ、映画、ダイエットなどをテーマに執筆。近著に『平成の死』(ベストセラーズ)、『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、『あのアイドルがなぜヌードに』(文藝春秋)などがある。

このニュースに関するつぶやき

  • 小池さんは良いんですが、記事の中で比較対象にされている細川ふみえさんが、とばっちりで気の毒だなと思いました(^_^。小池さんと比較するならサトエリさんだと思うんですが。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • ウリナリの社交ダンス企画で賞を取れたときに「巨乳だけて終わらなくてよかった」と言っていた。努力家なんだと思う。
    • イイネ!170
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(143件)

あなたにおすすめ

ニュース設定