ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > WRC:豊田チーム総代表、モンテカルロ連勝止まったオジエに「地元勝利をヤリスで止めてしまったこと、申し訳ない気持ち」

WRC:豊田チーム総代表、モンテカルロ連勝止まったオジエに「地元勝利をヤリスで止めてしまったこと、申し訳ない気持ち」

1

2020年01月27日 13:51  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年のWRC第1戦モンテカルロで総合2位となり、同大会連勝記録が6で止まったセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)
2020年のWRC第1戦モンテカルロで総合2位となり、同大会連勝記録が6で止まったセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)
 1月23〜26日に行われた2020年のWRC世界ラリー選手権第1戦モンテカルロの結果を受け、トヨタ自動車社長であるTOYOTA GAZOO Racing WRTの豊田章男チーム総代表がコメントを発表。参戦した4台のトヨタ・ヤリスWRC全車が完走したことを喜びつつ「私も含め、みんなの心にも、悔しさが残った開幕戦でもあったと思います」と大会を総括した。

 ドライバーラインアップを一新して2020年シーズンを戦うトヨタ陣営は、開幕戦のラリー・モンテカルロにセバスチャン・オジエ、エルフィン・エバンス、カッレ・ロバンペラのワークスドライバーに、若手ラリードライバー育成プログラムに参加中の勝田貴元を加えた4名にヤリスWRCを託した。

 このうちオジエとエバンスは競技序盤からパフォーマンスを発揮し、ふたりで総合トップを入れ替えながらラリーを戦うと、全4日間ある日程のうち、3日目を終えた時点で総合首位にエバンス、同2番手にオジエが続くワン・ツー体制を築いていた。

 しかし、迎えた最終日は総合3番手につけていたヒュンダイのティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)がペースを上げてトヨタを圧倒。最終的に12.6秒差をつけられ、総合優勝を奪われた。

 オジエは7年連続のラリー・モンテカルロ制覇がかかっていたが、連覇がストップ。それでもトヨタ移籍初戦で総合2位表彰台を獲得した。同じく移籍初戦だったエバンスも総合3位で大会を終えている。

 また弱冠19歳で、今大会がWRC最上位クラスデビュー戦だったロバンペラは週末をとおしてミスの少ない走りを披露し総合5位。勝田も総合7位でシリーズ屈指の難易度を誇るラリー・モンテカルロを走りきっている。

 豊田チーム総代表は、2020年シーズンのWRC初戦を終え、「TOYOTA GAZOO Racingにとっては、8人の新たなドライバー/コドライバーを迎えた新チームでのスタートでもありました。新チームでの開幕戦、全4台のヤリスが完走を果たせたこと、まずは嬉しく思います」と述べている。

「2020年のWRCシーズンが始まりました。今年は日本開催もあります。TOYOTA GAZOO Racingにとっては、8人の新たなドライバー/コドライバーを迎えた新チームでのスタートでもありました。新チームでの開幕戦、全4台のヤリスが完走を果たせたこと、まずは嬉しく思います」

「そして、オジエ/(ジュリアン)イングラシア組2位、エバンス/(スコット)マーティン組3位と素晴らしいシーズンスタートを切ることができました。時間のないなかで準備してくれたチームのみんな、ありがとう!」

「しかし、先日の体制発表のステージ裏では、この新たなドライバー達とも『We hate to lose』の合言葉を確認しあっていました。私も含め、みんなの心にも、悔しさが残った開幕戦でもあったと思います」

「今年のチームは“誰もが勝ちを狙える”チームです。次戦以降もつねに表彰台の高いところを目指し、ヤリスをもっと強いクルマにし続けていきましょう。ファンのみなさま、今シーズンも応援よろしくお願いいたします」

 また、豊田チーム総代表はオジエ/イングラシア組に“追伸”として、次のように続けている。

「追伸。セバスチャンとジュリアンへ。連続する地元勝利をヤリスで止めてしまったこと、申し訳ない気持ちです。一緒にヤリスをもっと強いクルマにしていきましょう。そして多くの勝利を目指しましょう。We hate to lose!」

このニュースに関するつぶやき

  • 実に日本人らしいコメント
    • イイネ!38
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定