ホーム > mixiニュース > 社会 > 安倍首相、IR「米大統領の要請ない」=カジノ業者とは意見交換―衆院予算委

安倍首相、IR「米大統領の要請ない」=カジノ業者とは意見交換―衆院予算委

19

2020年01月27日 15:02  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真衆院予算委員会で答弁に臨む安倍晋三首相=27日午後、国会内
衆院予算委員会で答弁に臨む安倍晋三首相=27日午後、国会内
 衆院予算委員会は27日午後、安倍晋三首相と全閣僚が出席して、2019年度補正予算案に関する基本的質疑を続行した。カジノを含む統合型リゾート(IR)事業に関し、首相は「今日に至るまで、トランプ米大統領から要請を受けたことは一切ない」と強調した。野党共同会派の江田憲司氏への答弁。

 首相は17年2月の米国訪問時に出席した朝食会で、同国のカジノ事業者と意見を交わしたことを明らかにした。ただ、事業者からの参入要望は「一切なかった」とも述べた。立憲民主党の大串博志氏への答弁。

 IR事業に絡む汚職事件をめぐり、江田氏は収賄容疑で逮捕された元IR担当内閣府副大臣の秋元司容疑者(自民党離党)から、何らかの働き掛けがなかったかをただした。首相と菅義偉官房長官はいずれも「なかった」と答えた。

 昨年の参院選で自民党の河井克行前法相夫妻の政党支部に計1億5000万円が党本部から振り込まれたことについて、首相は「政党本部から支部への政治資金の移転は何の問題もない」との認識を示した。振り込みを把握していたかも問われたが、「政治資金の運用は党本部に任せている」と述べるにとどめた。江田、大串両氏への答弁。

 首相主催の「桜を見る会」をめぐり、江田氏は首相の後援会関係者が多数招かれていたことを追及した。首相は「招待基準が曖昧だったため、歴代内閣でも地元の方の出席はあった。他の(首相の)時に一人も呼んでなくて、私の時に増えたということではない」と釈明した。 

衆院予算委員会で質問する江田憲司氏=27日午後、国会内
衆院予算委員会で質問する江田憲司氏=27日午後、国会内

このニュースに関するつぶやき

  • そりゃ「ある」とは言えないだろ。飼い主には逆らえないし、CIAあたりに消されちまうからな。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 武漢ウィルスどころか、伊方のデマもそっちのけですね(笑)よっぽど改憲したくなくて妨害するっていうのしか頭に無いんだろうね(笑)
    • イイネ!34
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(19件)

あなたにおすすめ

ニュース設定