ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 「体外受精のやめどき」についての記事が公開される

「体外受精のやめどき」についての記事が公開される

0

2020年01月27日 17:51  妊活・卵活ニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

妊活・卵活ニュース

写真写真

妊活の賢人が役立つ情報を伝授
堅実な女性を応援する情報サイト「Suits-woman.jp」が、202年1月20日に連載記事「働きながら妊活しましょ」を更新した。

雑誌「Suits-woman」(株式会社小学館)が運営している「Suits-woman.jp」は、賢人と呼ばれる専門家による多彩な連載記事が特長。

妊活の賢人こと笛吹和代先生(日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー・女性の身体塾主宰)による「働きながら妊活しましょ」は、クリニックの選びかたや栄養面のこと、費用に関することなど様々なテーマで妊活に役立つ情報を紹介している。

体外受精には、200万円の資金が必要
今回更新分のテーマは「体外受精のやめどき」。記事によると体外受精をやめる理由は「資金が底を突いたとき」と「卵子がとれなくなったとき」の2つが挙げられるという。今回の記事では第1の理由である資金について解説している。

不妊治療は健康保険がきかない自由診療であり、特に体外受精は1回あたり60万円から100万円以上の費用が発生する。そのため体外受精に踏みきるには最低でも200万円程度の資金が必要であるという。

資金が尽きても不妊治療を続けたい場合の対策として、1年から2年働いて資金を貯めて再挑戦するという方法もあるが、年齢によってはお金と妊娠可能性を引き換えにする結果になることもあるという。

(画像はSuits-woman.jpより)

(画像は女性の身体塾公式サイトより)

Suits-woman.jp

女性の身体塾公式サイト

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定