ホーム > mixiニュース > 社会 > 藤井七段が本戦へ=将棋・棋聖戦

藤井七段が本戦へ=将棋・棋聖戦

2

2020年01月28日 18:30  時事通信社

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)が28日、大阪市で行われた第91期棋聖戦2次予選決勝で澤田真吾六段(28)に87手で勝ち、本戦の決勝トーナメント進出を決めた。

 藤井七段がタイトル挑戦の史上最年少記録を更新する可能性が残るのは同戦のみで、同七段は「少しでも上に進めるように頑張っていきたい」と話した。 

    あなたにおすすめ

    ニュース設定