ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > カンバーバッチ、電流ビジネスの覇権争いへ『エジソンズ・ゲーム』本予告

カンバーバッチ、電流ビジネスの覇権争いへ『エジソンズ・ゲーム』本予告

1

2020年01月29日 14:03  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『エジソンズ・ゲーム』 (C)2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved.
『エジソンズ・ゲーム』 (C)2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved.
ベネディクト・カンバーバッチやマイケル・シャノン、ニコラス・ホルト、トム・ホランドらの豪華共演、マーティン・スコセッシ製作総指揮で贈る『エジソンズ・ゲーム』の公開日が4月3日(金)に決定。本予告編と場面写真が解禁となった。



この度解禁された予告映像では、19世紀のアメリカで、電気の供給権を巡り、<直流>による送電方式を提唱する天才エジソン(カンバーバッチ)と、<交流>による送電方式を提唱する宿敵ウェスティングハウス(シャノン)の激しい攻防が収められている。


冒頭から、敵対心をあらわにするエジソンとウェスティングハウス。そこにウェスティングハウスと手を組む新進気鋭の科学者二コラ・テスラ(ホルト)と、エジソンの助手インサル(ホランド)も加わり、白熱したビジネスバトルはより加速。アイディアを盗まれ怒鳴り散らすエジソンの姿や、交流は危険だと煽るネガティブキャンペーンの実施など、我々がよく知る“偉人”とは大きくかけ離れた姿が衝撃的だ。


だが、ウェスティングハウスも黙ってはいない。「そろそろ決着を付けようか」とエジソンに宣戦布告するや否や、「君の不正は掴んだ」と不敵な笑みを浮かべる…。<直流>と<交流>、発明家と実業家のプライドと情熱が衝突する、究極のビジネスバトルの行方から目が離せない映像となっている。


また、新たに解禁となった場面写真には、カンバーバッチとホランドの“師弟”2ショットや、ホランドの瑞々しい笑顔溢れるショットなどマーベル・シネマティック・ユニバースファン垂涎ものの写真も。


さらに、エジソンの宿敵で“カリスマ実業家”ウェスティングハウスの険しい表情を捉えたものや、天才二コラ・テスラとビリヤードに興じる紳士的な姿も写し出されている。


ほかにもエジソンの発明のひとつでもある蓄音機の前で、妻メアリーと仲睦まじく会話を交わすエジソンの姿からは、本作で見せる新たな一面も予感させる。テスラの写真からも伺えるように、本作ならではの豪華なセットにも注目してほしい。


『エジソンズ・ゲーム』は4月3日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

このニュースに関するつぶやき

  • エジソンが動物に交流電流を流して危険だってアピールしたシーンはあるの?w
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定