ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 安田顕、母とのエピソードや休日の過ごし方を語る…「徹子の部屋」

安田顕、母とのエピソードや休日の過ごし方を語る…「徹子の部屋」

3

2020年01月29日 17:33  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「徹子の部屋」
「徹子の部屋」
1976年から放送が開始され、現在まで続く黒柳徹子による長寿トーク番組「徹子の部屋」の1月30日(木)放送回に、俳優の安田顕が登場する。

大学で演劇研究会に入り、そこから森崎博之、大泉洋、戸次重幸、音尾琢真と共に演劇ユニット「TEAM-NACS」を結成。大泉さん出演の「水曜どうでしょう」への出演で注目を集めた安田さん。

「アオイホノオ」や「俺の話は長い」などのコメディタッチな芝居から「下町ロケット」「小さな巨人」などの重厚な演技まで幅広く役柄をこなす俳優として、様々な作品で起用され、『銀魂』『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』『ザ・ファブル』など多数の映画でも活躍、日本映画、ドラマ界にはなくてはならない存在となっている。


溶接工の父と保険の外交をしていた母の元で育ったという安田さん。その母が最近、誕生日にくれたある言葉に初めて「親の老い」を感じ、気持ちを新たにしたと語る。また小学生の頃は、海辺でつかまえたカニをおやつ代わりにしていたなどのエピソードも。

また、たまに休みがあっても、前日の晩に飲み過ぎてしまうため、上手に休日を過ごせないという。深夜、家族が寝静まるのを待ち、こっそり家を抜け出し、明け方近くまでお酒と音楽に酔いしれるのが楽しみ…といささか反省がちに語る。

バラエティではそのトーク力も冴えわたる安田さんが、黒柳さんとどんなトークを繰り広げるのか。乞うご期待!


今回ゲストの安田さんは、2月から放送がはじまるテレビ朝日系土曜ナイトドラマ「アリバイ崩し承ります」に出演。

同作は「2019本格ミステリ・ベスト10」で1位に輝いたトリックの名手・大山誠一郎の同名小説をドラマ化する本格謎解きミステリー。祖父の跡を継いで時計店を営む主人公が“時計店で働く者こそ、時間にまつわるアリバイ崩しに適任”という信念のもと、時計修理と平行して事件の真相を解明するという本格派だが気軽に楽しめる新感覚ミステリー。


浜辺美波が時計店の若き店主の主人公・美谷時乃を演じ、安田さんはひょんなことから時乃の営む時計店の裏にある母屋に下宿することになる、左遷されてきた警察キャリア・察時美幸役で出演。2人のバディに成田凌演じる那野県警察本部刑事部捜査一課の刑事・渡海雄馬らが絡んでいく。

「アリバイ崩し承ります」は2月1日より毎週土曜日23時15分〜テレビ朝日系にて放送。※一部地域で放送時間が異なります。

安田さんをゲストに迎える「徹子の部屋」は1月30日(木)12時〜テレビ朝日系で放送。

(笠緒)

あなたにおすすめ

ニュース設定